マッチプレビュー

チェルシーvsアストンヴィラ – スタッツ

チェルシーvsアストンヴィラ – スタッツ


チェルシーvsアストンヴィラ – 直接対決

チェルシーはアストンヴィラとのここ6試合すべてで勝っており、最高記録を伸ばしている。
 
アストンヴィラはリーグ戦でチェルシーにここ11試合中10敗しており、最後に勝ったのは2014年3月のホームゲームに遡る。
 
チェルシーはブリッジでのヴィラ戦で5連勝中、合計得点は17-2となっている。ヴィラ相手にホームで6連勝は初めてとなる。

ブルーズはブリッジでのヴィラ戦ここ10試合で34点を決めている。2012年の8-0での勝利は最多得点記録に並んだ。

ヴィラがブリッジでクリーンシートを達成したのは1998年3月(19試合中1回)。

ブリッジでヴィラが最後に勝利したのは2011年12月で、スティーブン・アイルランド、スティリアン・ペトロフ、ダレン・ベント、ディディエ・ドログバがゴールを決めた。

各チームの最多得点差勝利:

チェルシー 8-0 アストンヴィラ 2012/13

アストンヴィラ 7-1 チェルシー 1951/52

ヴィラのブリッジでの最多得点差勝利は1931/32の6-3.


チェルシーのスタッツ

チェルシーは今季ホームゲーム6戦無敗で17得点。

一年の最後の試合を落としたのは17年で一度だけで、奇しくも2011年のアストンヴィラ戦だった。当時のヴィラの監督はアンドレ・ビラス・ボアス。

タミー・エイブラハムは昨季開幕から26得点でほかのどのチームメイトより8点以上多い。

エイブラハムはアーセナル戦で50試合出場を達成し21得点目を記録した。50試合で彼よりも多く得点を取ったのはジミー・フロイド・ハッセルバインク(34点)とジエゴ・コスタ(31点)のみ。

オリヴィエ・ジルーはヴィラ相手に6試合連続で8得点を挙げている。


アストンヴィラのスタッツ

リーグ戦13試合でエミリアーノ・マルティネス、タイロン・ミングス(今回出場停止)、マット・ターゲット、ジョン・マッギン、ジャック・グリーリッシュ、そしてオリー・ワトキンスの6人が全試合スタメン出場を果たしている。マッティー・キャッシュとダグラス・ルイスは12試合にスタメン出場している。

ヴィラは13試合で8勝しており、この記録は1998/99以来となる。

13試合で25ポイントはここ22年間で最高の記録。

ヴィラは今季8試合でクリーンシートを記録、これはどのチームよりも多く、2019/20シーズンの自分たちの記録も1つ上回っている。

ヴィラは11月30日以来ここ4試合無失点で、この記録は2010年2月以来(4試合連続無失点)。

今季のアウェーで6試合中5勝という記録は2009/10以来のもので、その5試合すべて無失点に抑えている。

チェルシーからその他