インタビュー

FAカップでの勝利を振り返るエメルソン

エメルソン・パルミエリはFAカップ・モアカム戦での勝利が、不振の続くチェルシーにとって大きな意味を持つと考える。

プレミアリーグで結果の出ない時期が続くブルーズは、下部リーグのチーム相手にチャンスを与えることなく4-0で快勝した。

フランク・ランパードがエメルソンを含め多くの選手を入れ替えたこの試合、良いパフォーマンスを見せ、コンディションを取り戻すことが求められた。

    「毎日ハードなトレーニングを重ねているから調子はいいよ。監督に呼ばれたらいつでも出場できるし、全力を尽くすようにしている。リーグ戦で負けたこともあり、昨日の試合は本当に大事だった。だから良い試合ができて勝ててよかった。」

    モアカム戦でエメルソンは頻繁に攻撃参加し、エリア外からゴールも狙った。

    彼が攻撃参加できた理由は、カラム・ハドソン=オドイが開いたポジションに相手ディフェンスを引き連れたこともあるだろう。

    エメルソンは得点できなかったことに落胆する素振りを見せていないが、彼に攻撃参加する機会を与え、チームの攻撃をより多彩にした両サイドのフォワードを称賛した。

    「3回シュートを打ったが今回は得点できなかった。だけどチームのパフォーマンスと結果に満足している。カラム、ハキム、そしてクリスチャンは相手ディフェンスと中盤の間に入り込むプレーを好むから、自分にオーバーラップするスペースを与えてくれる。昨日のカラムはサイドに開いて深い位置にいたから、内側から攻めることができた。良い連携が取れた。相手にもよるけど、相手ディフェンスを動かすプレーを心掛けている。」

    チェルシーからその他