ニュース

メディアウォッチ:ブルーズがトルコ人FWに触手か、ストークがグリーンの復帰を希望、ルートン監督がチェルシーとの対戦を歓迎

チェルシー関連の最新情報:ブルーズがアリ・アクマンに触手か、ストークがロブ・グリーンの現役復帰を希望。

これらの記事は外部メディアソースから転載したものであり、チェルシーFCの見解や立場を示すものではありません。

ブルーズがトルコ人FWに触手か

Daily Mailの報道によると、チェルシーがアリ・アクマンの獲得に動いているとのことだ。ブルサスポルでプレーするアクマンには多くの欧州主要クラブが興味を示している。

報道では、RBザルツブルクとガラタサライが12月に既に獲得に動いたとのこと。ブルーズとアーセナルも獲得争いに参加し、状況をうかがっているという。

アクマンの契約はあと6か月で、更新の意図はないという。ブルサスポルはこの夏移籍金なしで退団される前に各クラブのオファーを聞きたいところ。

アクマンの移籍金は300万ポンドと言われているが、パンデミックの影響もあり更に金額が下がる可能性が高い。チェルシーとアーセナル以外にもドイツやイタリアのクラブが興味を示しているという。

アクマンは今季17試合に出場し9ゴール4アシストを記録している。

ストークがグリーンの復帰を希望

ストークが2019年に引退を表明したGKロブ・グリーンの現役復帰を希望している。

The Athleticの報道によると、チャンピオンシップ覇者のストークは、怪我によりGK不足に悩まされている。

ストークのマイケル・オニール監督はアダム・デイビス(膝の怪我)とアンガス・ガン(足首の怪我)の代役としてグリーンの復帰を求めている。

しかし元ブルーズGKはこの要請を断っている。報道では、グリーンはジョー・バーシックの控えとして起用されると伝えられたという。

更に、グリーンはこのパンデミックの中、交代要員として長距離移動することに難色を示しているという。

グリーンの最後の公式戦は2017年のカラバオカップ、リーズ対ニューポートに遡る。

彼はチェルシーでも第3キーパーとして2018/19シーズンにヨーロッパリーグ優勝を果たした。

ルートン監督がチェルシーとの対戦を歓迎

日曜日にモアカムに4-0で快勝したチェルシーは、次の試合でルートン・タウンと対戦する。

ブルーズはホームにルートンを迎えるが、相手のネイサン・ジョーンズ監督はこの対戦を歓迎している。

「プレミアリーグのトップクラブとの対戦となった。自分たちの力を試したいし、素晴らしい機会になるだろう」とクラブの公式サイトに語ったジョーンズ。

「チャンピオンシップのクラブを避けられてよかったし、今までと異なる経験をすることができる。プレミアリーグの名高きクラブ相手に試合ができることが楽しみだ。」

しかし、パンデミックの影響でカラバオカップでのマンチェスター・ユナイテッド戦同様に、この試合も無観客で行われる。

「カップ戦では素晴らしい抽選結果となったが、どちらの試合もサポーターがいないのが残念だ。ルートンのサポーターはシーズンチケットを買ってチームをサポートしてくれる。彼らが誇りに思えるチームでありたい。」

チェルシーからその他