マッチプレビュー

フラムvsチェルシー – スタッツ

フラムvsチェルシー  – 直接対決

チェルシーはリーグ戦アウェーで2006年3月に1-0で敗れて以来、フラム相手に18試合負けがない。

その敗戦がフラムにとって33試合で唯一の勝利で、この記録は旧2部リーグでプレーした1979年まで遡る。

チェルシーはフラム相手に1950年から1960年以来となるリーグ戦6連勝を狙う。

チェルシーはクレイヴン・コテージでの無敗記録更新も狙う(9試合6勝3分け)。


各チームの最多得点差勝利:

チェルシー 4-0 フラム 1925/26、1983/84

フラム 3-1 チェルシー 1976/77

チェルシーのリーグ戦におけるフラム相手のアウェー最多得点差勝利は2004/05の4-1。


チェルシーのスタッツ

今季開幕からアウェーで3勝2分けと5連続無敗だったチェルシーだが、今は20年ぶりの4連敗を免れたいところ。
 
この記録はクラウディオ・ラニエーリ監督時代アウェー5連敗を喫した2000年12月に遡る。
 
チェルシーはここまで32得点でリヴァプール(37)とマンU(34)に次ぎリーグ3位となっている。
 
ブルーズは今季ヘディングシュートを11本決めており、既に昨シーズンの記録に並んでいる。
 
昨季開幕からメイソン・マウントは10得点中4点をエリア外から決めており、これはどのチームメイトも上回る数字である。

記録

モアカム戦に先発出場したケパ・アリサバラガはチェルシーで100試合出場を達成した。

フラムのスタッツ

週半ばにトッテナムと引き分けたフラム。これがここ14試合のロンドンダービーで初めての勝ち点となった。

フラムはここ5試合すべて引き分けており、2007年の6試合連続引き分けまであと1試合となっている。

無敗記録でフラムを超えるのはマンU(11)とマンC(8)のみ。

12月5日にマンCに2-1で敗れて以来、リーグ・カップ戦合わせて6試合連続無敗となっている。

今季2勝しかしていないフラムだが、勝ち星をあげたホーム・ウェストブロム戦とアウェー・レスター戦は両方とも11月に行わた。フラムは今季ホームで3回クリーンシートを達成しており、すでに2018/19シーズンの記録に並んでいる。

11月以降リーグ・カップ戦合わせて6試合で3失点しかしていない。

フラムは今季ホーム8試合で6ポイント獲得している。

チェルシーからその他