ニュース

メディアウォッチ:ファン・ヒンケルが復帰、リーズのスター選手がランパードとの関係を明かす、ブルーズにまだタイトル獲得の可能性があると語るマーソン

チェルシー関連の最新情報:マルコ・ファン・ヒンケルが2018年以来となる試合出場を果たし、ジャック・ハリソンがニューヨーク・シティ時代のフランク・ランパードとの関係について語った。

これらの記事は外部メディアソースから転載したものであり、チェルシーFCの見解や立場を示すものではありません。

ファン・ヒンケルが復帰

2年間膝の怪我で離脱していたマルコ・ファン・ヒンケルが、先日トップリーグの試合に復帰した。

オランダ人のファン・ヒンケルは現在PSVアイントホーフェンにレンタル中で、AZアルクマール戦で86分に途中出場した。

「個人的には大きな意味があった。このために長い間厳しいトレーニングをしてきた。戻ってこれたのはプレゼントのようなものだ。家に帰って今日のことを落ち着いて考えたい。頑張って戻れた自分を誇りに思う。」

ファン・ヒンケルはコンディションを戻すことを目標としており、復帰までに自分でも数えられないほど長い時間がかかったことを認める。

「1000日くらいかな?」と尋ねるファン・ヒンケル。「今聞いたけど、自分でも途中で数えるのを止めたよ。そこまで重要なことではないしね。サッカーをまたできるように頑張ってリハビリを続けてきた。」

ハリソンがランパードとの関係を明かす

リーズ・ユナイテッドのウィンガー、ジャック・ハリソンがMLS時代にフランク・ランパードから受けた影響について語った。

ハリソンはランパードがアメリカに移住した頃にニューヨーク・シティに入団したが、英国人がいたことが自身の成長に大きな影響を与えたという。

ポッドキャスト番組Que Golazoでランパードと過ごした時期について振り返ったハリソン。

「イングランドではランパードとずっと連絡を取っている。ニューヨーク時代良くしてもらっていたし、彼がチェルシーの監督として活躍しているのを見ると嬉しい。」

ハリソンはランパードが監督になってから4度彼と対戦しているが、自分の成長ぶりを見てもらうために全力を尽くしているという。

「フランクと対戦する時はいつも彼に認めてもらうためにベストを尽くしている。最後の試合はうまくいかなかったけどね。今度対戦する時は良いプレーをしたい。」

MLS時代、ハリソンはもう一人の中盤のレジェンド、アンドレア・ピルロともチームメイトだったが、二人とも監督としてうまくいっていることが彼にとって刺激になるという。

「彼らは正しいメンタリティーを持っていたから、今活躍しているのを見れて嬉しい。引退前の選手たちがリラックスしてプレーすると言われるニューヨークでも彼らは自分に対して厳しかったし、尊敬している。姿勢もメンタリティーもしっかりとしていたから、彼らが成功しているのは不思議ではない。」

ブルーズにまだタイトル獲得の可能性があると語るマーソン

元アーセナルMFポール・マーソンは、ブルーズがタイトル争いに食い込む可能性がまだあり、土曜日のフラム戦がカギとなると考える。

ブルーズは先週末モアカム相手に4-0で快勝したが、マーソンは週半ばにトッテナムと対戦したフラムよりも長い休暇を取っており、有利になるとのことだ。

「フラムは週半ばにプレーした。土曜の試合はチェルシーが有利だろう」とSky Sportsのコラムで語ったマーソン。「両チームにとってはダービーで大事な試合だ。」

マーソンは、ブルーズがフラムを破り、今季前半の17試合連続無敗記録と同じような調子をキープできれば、再び優勝候補になる可能性があるという。

「今シーズンは3連勝すればすぐに順位を上げられる。5連勝すればトップ争いに入り込むだろう。昨季はそのようなことはなかった。だからチェルシーが優勝争いから脱落したと思っていない。どのチームであれ、5連勝すればタイトル争いに参戦できるのだから。」

チェルシーからその他