分析

ランパード、「小さな一歩」の繰り返しで「壮大な」山を越えると試合を振り返る。

フランク・ランパードは、フラムのような頑固な相手に対してチームが見せた対応と冷静さに非常に満足していた。また、メイソン・マウントが勝負を決めたと振り返った。

この日、マウントが10人のフラムを相手にした後半、見事なゴールを決めて、苦しい戦いだったSW6ダービーに決着をつけた。

「選手たちは、好調のチームに対して、本当にうまくアプローチしてくれた」と始めた。

「前半は、細部が雑になってしまったが、ゲームをコントロールすることができた。10人を相手にした後半は、それを利用して、相手のエリアにとどまり、素早くボールを動かすことができるかどうかだった。彼らは引いていて、自分たちが何をすべきかを知っていたので、簡単ではなかった。」

「冷静になることが本当に重要だった。最近のリーグ戦の結果は我々が望んでいたものではないし、リーグトップの得点力を失ってしまった。」

「低いラインでの守備に直面したときには、ラインを通るパスやちょっとしたマジックを見つけようとしなければならない。メイソンのゴールまでは、そこまでは至らなかったが、忍耐力とボールの動きは良かった。」

「メイソンがゴールを決めたのは当然のことだ。彼のパフォーマンスは傑出していたが、チームの精神は素晴らしいものだった」とランパードは付け加えた。

「リーグ戦での調子を少し戻すという意味では、今日は小さな一歩とともに前進したが、今月は大きな試合が控えているので、それに向けて前進を続けていかなければ意味がない。」

ランパードは、2試合連続でゴールを決めたマウントを賞賛した。

「彼は本当に素晴らしい選手だ。先週、22歳になったばかりだが、若手の一番の成功例だよ。自分は、22歳でチェルシーに来て、チェルシーでの1年目は世界を吹き飛ばすような活躍をしていたわけではなく、自分の足元を見るのが精一杯だった。メイソンはすでに多くの試合に出場している。彼の努力と態度は素晴らしい。」

監督はカラム・ハドソン=オドイがベンチスタートな理由についても言及した。

「最近、カラムの調子が本当に良くなってきていて、それは彼の成長の一部だ。自信を持っている。彼は昨シーズン、大きな怪我を乗り越えなければならなかった。」

「ハキムは我々に何か違うものを与えてくれる。チームが好調だった時期に最高の活躍をしてくれた。クリスティアンは常にゴールを期待させてくれる。この3人が好調をキープしていれば、1人がスタメンとして試合に出られないことになるが、選手交代枠はウインガーに使うことが多いので、途中出場での結果を期待している。」

「レスター戦を念頭に今日のメンバーを考えていたが、次の日か2日後に選手たちの反応を見なければならない。しかし、この多忙な時期には、選手たちは疲労を受け入れなければならない時もある。

カラムは今のところいい調子だし、正しい方法でアプローチしている、今後出場時間が増えるだろう。」

チェルシーからその他