分析

今チームに足りないもの、そして現状を打破する方法について語るメンディ

敗戦に終わったレスター戦で何度か素晴らしいセーブを見せたエドゥアール・メンディが、試合後に敗因と復調するために何が必要か語った。

エンディディの先制点、そしてマディソンの追加点はもちろんメンディの責任ではなかった。彼はヴァーディ、そしてティーレマンスのシュートをセーブしチームを救ったが、結果は変わらなかった。

「良いスタートを切りたかったが、相手のCKから先制点を奪われた。先制されると追いつくのが難しい相手というのはわかっていた。何とか同点にしようと攻めてチャンスも作れたが、相手を脅かすには少な過ぎた。」

      デビューから13試合負けなしだったが、現在は8試合5敗となっているメンディ。

      何が変わったかを訊かれたメンディは、最近の問題点を特定し、更にパフォーマンスを安定させ結果を出すために何が必要かを語る。

      「今足りないのは一貫性、90分間良いプレーを維持することだ。悪い時間帯にゴールを取られ、追いつくことが難しくなっている。もっと一貫したプレーをしないと強敵相手には勝てない。良い状態からスランプに入った原因を説明するのは難しい。急に変わったからね。復調することに集中して以前のようなレベルに戻らなくてはならない。現状を打破し状況を変えられるかどうかは自分たち自身にかかっている。チーム一丸となって、ポジティブにこのデリケートな時期を乗り越えていかなくてはならない。」

      チェルシーからその他