クラブ声明

フランク・ランパード監督に関する声明

チェルシー・フットボールクラブは今日、フランク・ランパード監督の解任を決定しました。

これはオーナー、そして取締役会にとっても非常に難しい決断でした。

わたしたちはこれまでチェルシーの監督として優れた業績を残したフランクに感謝の意を表します。しかし、クラブにとって最近の結果、そしてチームのパフォーマンスは期待を下回るものであり、この状況を乗り越えるための改善が見られなかったと判断しました。

クラブのレジェンドであるフランクと袂を分かつことは苦渋の決断には違わないが、熟考の末今シーズンのパフォーマンス、そして結果を改善するために監督の解任が不可避である、という結論に至りました。

ローマン・アブラモヴィッチのコメント

「フランクとは非常に良い人間関係を築いており、彼に対して最大限の敬意を抱いているため、クラブにとって非常に難しい決断となりました。彼は誠実で仕事に対する姿勢も素晴らしかったですが、現状を鑑みた上、監督を変えることが最適な判断と考えました。クラブを代表し、これまで監督としてチームを率いたフランクに感謝の意を表し、彼の今後の成功と発展を心より願います。彼はこの偉大なクラブの重要な存在であり、これからも彼に対する想いが衰えることはないでしょう。クラブは、彼がスタンフォードブリッジに戻ってくることを、常に歓迎するでしょう。」

チェルシーFCは新監督が任命されるまでこれ以上のコメントを発表しません。

チェルシーからその他