ニュース

メディアウォッチ:チェルシーがエリクセンに興味、解説者がアロンソを称賛、元チームメイトがハフェルツを擁護

チェルシー関連の最新情報:ブルーズがクリスチャン・エリクセンの動向に注目する一方、マイカ・リチャーズはマルコス・アロンソがトゥヘルのキープレーヤーになれると語った。

これらの記事は外部メディアソースから転載したものであり、チェルシーFCの見解や立場を示すものではありません。

ブルーズがエリクセンに興味

報道によると、ブルーズがクリスチャン・エリクセンに興味を示しているという。

イタリアのCalciomercato.comによると、チェルシーはエリクセンの獲得の可能性を探るプレミアのクラブの一つだという。

日曜日に29歳になったエリクセンは元ブルーズ監督のアントニオ・コンテの下インテルで出場機会を得られずにいる。

昨年1月にトッテナムからインテルに移籍したが、新しいチームで思うように定着できていない。

しかし、最近のイタリアカップ対ACミラン戦では97分に決勝点を決めている。

報道では移籍話は始まったばかりで、彼がライバルのトッテナムの選手だったということは大きな要因ではないとのことだ。

マイカ・リチャーズがアロンソを必須の存在と称賛

マイカ・リチャーズはマルコス・アロンソがトーマス・トゥヘルの下重要な役割を担うだろうと確信している。

新監督就任まで9月から出場機会に恵まれていなかったアロンソ。

だがトゥヘルはアロンソが躍進したコンテ監督時代と同様に3バックを採用した。リチャーズはアロンソがブルーズにとって大きな戦力になると考える。

「フィオレンティーナで彼と一緒にプレーした時、彼は3バックまたはウィングバックとして起用されていた」とBBC Sportで語った元マンCのリチャーズ。

「ウィングバックとして彼はエリア内に入りこむ危険な選手となる。」

アロンソは既にバーンリー戦でその得点能力を発揮しており、彼のボレーシュートは月間ベストゴールにノミネートされた。

「彼はうまくボールを止め3タッチでゴールを決めた」とバーンリー戦のゴールを振り返るリチャーズ。

「トゥヘルの下、多くのポジションでプレーできる彼はキープレーヤーとなるだろう。」

ターがハフェルツを擁護

Kai Havertz’s former Bayer Leverkusen team-mate has backed him to succeed in the Premier League.

バイエル・レバークーゼン時代のカイ・ハフェルツの同僚は彼のプレミアリーグでの成功を確信している。

Sport 1のインタビューでドイツ人CBのジョナサン・ターはハフェルツが本領を発揮するのは時間の問題だと語った。

「彼が移籍して以来チェルシーの試合をずっと見てきた。ティモ・ヴェルナーとアントニオ・リュディガーもいるからね。」

初シーズンとなる今季、ハフェルツはこれまでに5ゴール6アシストを記録している。そしてコロナウイルスに感染してピッチから離れる時期もあった。

しかし、ターはトップコンディションになればハフェルツは本領を発揮すると考える。

「カイの能力はわかっている。プレミアリーグとブンデスリーガはプレースタイルが異なるが、時間を与えればチェルシーでも素晴らしい能力を発揮できるだろう。カイはイングランドの評論家全員を納得させるだろう。」

チェルシーからその他