分析

トゥヘル:より多くのゴールのために必要なこと、途中出場のハドソン=オドイがベンチへ下がった理由を語る

連勝記録は終わってしまったが、チェルシーの監督としての不敗記録は土曜日のデーゲーム、サウサンプトンと1-1で引き分けたことで続いている。試合後、トーマス ・ トゥへルはチームが試合に勝つために必要なゴールを決めるために欠いているのは鋭さだと分析した。

前半、セインツがカウンターで先制したことで、トゥヘルは就任以来7試合で初めての1点ビハインドになったが、後半メイソン・マウントのペナルティでなんとか勝ち点1を奪った。

初めて先制点を奪われたにもかかわらず、トゥヘルは、相手ペナルティーエリア内やその周辺でのチームのプレーを除けば、St.メリーズでのチェルシーのプレーに満足していた。

「多くのチャンスを作ったが、本当のチャンスにはならなかった」と悔しそうに語った。

「攻撃陣とラストパスに多くのスペースを作ったが、意思決定、そしてタイミングが試合をものにするには十分でなかった。得点するためにはペナルティが必要だった。」

「後半は、ボックス内でのタッチ数は増えたが、チャンスを作ったときに、それを仕上げるための精度が足りなかった。冷静さを欠いていたし、決定的な1対1を勝ち取ることができなかった」

「ピッチ自陣から80メートルでは、一度だけ相手に得点されたことを除けば、カウンターアタックや難しい状況を作らせなかった。相手側最後の20メートルはパフォーマンスが十分ではなかった」

オフェンスを改善しようと、ハーフタイムにタミー・エイブラハムの代わりにカラム・ハドソン=オドイを投入し、マウントとティモ・ヴェルナーに加わったが、ピッチに立ってからわずか30分後にピッチを去った。トゥヘル監督は、負傷ではないことを認めた。

「チャンスを作るのが難しい試合では、カウンタープレスに頼ってエラーを誘発し、セカンドボールを奪ってシンプルにチャンスを作る必要がある」とトゥヘルは説明した。「そのためには、カウンタープレスに完全に集中して、鋭いプレーをしなければならない。彼はカウンタープレスの機会を何度か逃し、簡単なボールを何度か失った。彼はゲームに入れていなかったように感じた。」

「彼はすべての試合でプレーしているので、私は彼をとても信頼している。今日は彼を近くで見ていたし、不公平だったかもしれないが、彼に決定的な仕事ができるという感覚が得られなかった。難しい決断だったが、それが僕らの間に長く留まることはないだろう。明日になれば忘れて、アトレティコに向けて準備をする。」

「私は試合に勝つために決断を下す」と監督は続け、「彼がミスをするのは問題ではないが、我々はエネルギーを欠くことはできない」と述べた。

「彼がチームに何を与えることができるかをわかっているし、だからこそ彼を大いに信頼している。それは変わらないだろう。彼は私が彼に何を要求するかをしっかりわかっている」

「彼はアトレティコ戦で先発する可能性もあるが、信頼できる選手にならなければならないし、これが彼にとっての次のステップだ。彼はベンチから出てくるときに問題を抱えていて、シェフィールド・ユナイテッド戦でもそうだったし、今日もそうだった。我々は彼を必要としているので、改善しなければならない。それを受け入れ、そこから学ばなければならない。」

チーム全体に話を戻すと、トゥヘルは、より多くのゴールを決めるために必要な改善があることを認めている。

「システムは決して問題ではないし、システムは決して解決策ではない。選手たちの力でしか改善できない。流動的であり、異なるシステムの中で異なるスペースを見つけることができる。」

「私たちは日夜、得点とチャンスを作ることを考えている。過去の試合の統計を見ると、ボックス内でのタッチの量、シュートの量、創造の量に対して、十分な得点ができていないことがわかる。」

「チャンスがないのではなく、正確さの欠如だ。意思決定の質の問題だ。今日は最後の20メートルのところで、試合を決めることができるとは感じなかった。それを分析して、もっと大きなチャンスを作るのが私の仕事だ」と語った。

チェルシーからその他