ニュース

ハドソン=オドイの交代劇とアトレティコ戦での起用について語るトゥヘル

トーマス・トゥヘルがサウサンプトン戦でカラム・ハドソン=オドイをなぜ途中交代させたかについて詳しく語った。

1-1の引き分けに終わったこの試合、ハドソン=オドイは後半開始から途中出場したが、試合終了15分前に再度ベンチに戻ることになった。

トーマス・トゥヘルはこの交代劇が戦術的判断によるもので、ハドソン=オドイの貢献が十分でなかったこと、そして彼が火曜のチャンピオンズリーグ・アトレティコ・マドリード戦で先発出場する可能性について語った。

「わたしにとっては大したことではない。カラム、そしてチーム全体とは既に話をしている。こういうことはサッカーではよくあることで、すべてはわたし自身の決断だ。ベンチ側のサイドでプレーしていたから近くから厳しい指示を出していたかもしれないが、彼は試合に溶け込めていなかった。動きも鈍かったから彼にとって厳しい選択をした。だけどそれはその日で終わることだ。大きな問題ではないし、ただ周囲の話題になっているだけだ。」

「カラムはこれまで試合でもトレーニングでも素晴らしい動きを見せてきた。スタメンでもベンチスタートでも、チームにとって信頼できる選手であることを証明してほしい。何試合もスタメン出場してきたが、この経験を消化してスタメン出場の可能性のあるアトレティコ戦に向けてトレーニングに励んでほしい。」

チェルシーからその他