Japan

一週間のダイジェスト

サウサンプトン戦後のトーマス・トゥヘルのコメント、ティモ・ヴェルナーがリーグ戦で久々の得点、3月のリーグ戦の日程が発表されるなどチェルシーの一週間を振り返る。

得点するために必要なこと

得点するために必要なこと

このところ5連勝と好調だったが土曜日のサウサンプトン戦で1-1と引き分けたチェルシー。トーマス・トゥヘルはゴールを決め試合に勝つには切れのいいプレーが必要だと言う。

前半カウンターから7試合ぶりに先制点を決められたが、後半にマウントがPKを決めて勝ち点1を獲得した。

「ゴールを決めることとチャンスをつくることについては朝から晩までずっと考えている。ここ数試合のデータを見るとエリア内でのボールタッチ数、シュート数、そしてチャンスの数に比べ得点が少ない。」

「正確さ、チャンスが足りない。そして判断力が必要となる。最後の20mで危険なプレーができていなかった。これを分析してより大きなチャンスをつくることが自分の役割だ。」


サウサンプトン戦のPKについて語るマウント

自ら獲得したPKを決め同点に追いつくことはできたが、勝ち点3をとれなかったことに落胆するメイソン・マウント。

ジョルジーニョが欠場する中、PKを成功させ2シーズン連続でセント・メアリーズにてゴールを決めたマウント。

「PKはタミーが任されていたが、ハーフタイムに交代していたから自分かティモのどちらかが蹴ることになった。監督は自信がある選手が蹴るべきだと言っていたから自分から名乗り出た。カラバオカップのトッテナム戦で外していたから、今度はしっかり決めようと思っていた。」


久しぶりのゴールを喜ぶヴェルナー

久しぶりのゴールを喜ぶヴェルナー

最近リーグ戦で多くのゴールを演出してきたが自身の得点はなかったヴェルナーが、月曜日のニューカッスル戦で久しぶりのゴールを決めた。

11月から得点のなかったヴェルナーはニューカッスル戦で今季リーグ5得点目を決めた。彼はこれに加え5アシスト、そしてPKを4回獲得している。

「やっと得点できて嬉しい。フォワードは常にゴールを必要とする。先月は得点できなかったけど、サッカーはチームスポーツで、試合に勝てば全て善しというという側面もある。アシストやPK獲得でチームに貢献していたし、今日はやっとゴールを決められてよかった。フォワードにとってチャンスが来ないのは辛いことだ。今までたくさんチャンスがあってそれを逃してきた。チームも自分が得点できる機会をたくさん与えてくれた。このままの調子でいけばゴールもアシストも決められるだろう。」

3月のリーグ戦3試合の日程が発表

3月に行われるリヴァプール、エヴァートン、そしてリーズとのリーグ戦の日程が発表された。

3月20・21日に予定されていたリヴァプール戦は、チェルシーがFAカップでシェフィールド・ユナイテッドと対戦するため、3月4日(木)に変更された。アンフィールドでのキックオフは午後8時15分となる。

その後8日(月)午後6時にブリッジでエヴァートン戦、そしてその5日後の3月13日(土)にはアウェーで12時30分からリーズ戦に臨む。

リヴァプール(A)3月4日(木)午後8時15分

エヴァートン(H)3月8日(月)午後6時

リーズ(A)3月13日(土)午後0時30分

全て英国時間

チェルシーからその他