分析

トゥヘル:勝ち点1を受け入れ、エイブラハムのベンチ外、ペナルティについて語る

トーマス・トゥヘルは、マンチェスター・ユナイテッドとの試合が進むにつれ、チームのプレー改善していくのを実感し、数少ない決定的なチャンスを決めきれなかったが、そのパフォーマンスに満足していた。

今季2度目の0-0となったが、10月にオールドトラフォードで行われた第1戦よりも激しく動きのある展開となった。トゥヘルは、怪我の情報を提供する前に、全体的な分析から始めた...「全体的には、非常に良いチーム同士のハイレベルな試合だった。」

 「非常に激しいスタートだった。前半はプレッシャーから逃れるのに苦労した。彼らは高い圧力をかけようとしていたし、中盤で簡単にボールを失うこともあったし、もっとうまくプレッシャーから逃れることもできたはずだった。少し自信を失ってしまったが、同時にチャンスを許さなかった。ディフェンスは非常に良かった。」 

「後半は、ピッチの高いところでボールを奪い返したり、プレスをかけたりして、もう少し攻撃的な体制にした。チームはこれをうまくやってくれたし、後半はとても良かったと思う。サイドラインから見ても、最高のパフォーマンスだった。」

 「ラッシュフォード、ブルーノ・フェルナンデスに対して、広い位置からの守備は非常に励みになった。このレベルでは、ちょっとしたことが決め手になるし、チャンスを逃さないようにしなければならない。多くはなかった、2つ決まれば十分だったが、最終的には0得点を受け入れなければならない。無失点と、エネルギーと勇気を持って後半戦に臨むことができたのは評価に値する。」

引き分けでトップ4と勝ち点差1

「大きな結果になっただろう。勝つこと以外は意味がないと覚悟を決めて、勝つためにすべてを試した。今はベスト4までの戦いの真っ只中にいる。その差を一気に縮めてきたし、今こそ力を入れて、3、4日ごとに良いパフォーマンスを発揮する時だと思う。」

「次の相手は非常に競争力があり、難しい試合になると感じている。しかし我々は試合に勝つことができるだろう。まだ4位争いの中にいるし、それは良いニュースだ。」

トゥヘルは、ハーフタイムにカルム・ハドソン=オドイが退いた理由を説明した。

「彼は少し怪我をしていたし、戦術的な理由もあったので、両方の組み合わせだ。守備ではバックファイブに切り替え、アスピとリーシーの間にくるラシュフォードをカバーした。」

「そこにカラムを使うという選択肢はなかったし、それが戦術的な理由だ。」

タミー・エイブラハムがベンチ入りしなかった理由

「我々が持っている全ての選択肢で判断した結果だった。我々はオリを先発に起用し、ティモをベンチに置くことにした。ナンバー9としてプレーできるカイがいた。彼には少し難しいこともあるし、簡単ではないが、彼のせいではないし、しっかりサポートしていく。」

「彼は自分のやるべきことをやり、良いトレーニングをし、良いムードでいなければならない。そしてチェルシーのストライカーであることを受け入れなければならない。これは彼が契約したものであり、このような瞬間がやってくるものだ。それを受け入れて、明日はそこにいて彼の居場所のために戦うこと以外に答えはない。彼はきっとそうしてくれるだろう。」

 「我々には強力なチームだ。チアゴ・シウバが負傷しているだけだ。それは難しい決断をしなければならないということだ。18人の選手しか指名できない。ビリー・ギルモアも難しい決断だった。」

 トゥヘルは、マン・ユナイテッドに前半ペナルティキックが与えられなかったことについて、次のような見解を示した。

 「私の考えではペナルティではなかった。驚いたし、今でも驚いている。直接見えたわけでもないし、持っている写真で確認しても、ペナルティに値するような出来事は見当たらなかった。なぜペナルティになるのか、わからなかった。」

 

チェルシーからその他