ニュース

トゥヘル:ヴェルナーは何も心配する必要ない

ゴールに限りなく近づいた

昨晩、アンフィールドで行われたリヴァプール戦で、ディフェンスラインを突破し、GKアリソンの前でボールに触れ、ゴールに流し込んだティモ・ヴェルナーだが、VAR判定でオフサイドとされ、11点目のゴールはわずか数センチの差で取り消された。

このプレーでブルーズが先制していたかもしれないが、メイソン・マウントのゴールで1−0とした。ヴェルナーは彼のスピードと動きでレッズディフェンスの頭痛の種だった。

しかし、ノーゴールの判定になったこと、他のいくつかのチャンスを決められなかったことは、彼が4ヶ月で1点のペースでしかプレミアリーグで得点できていないことを意味する。これらの数字と、昨日の夜の悔しさを考慮しても、トーマス・トゥヘルはヴェルナーに特別なサポートをする必要性を感じていない。

「私はすべてのトレーニングで100%を要求し、自己憐憫は許さない」と説明します。

 「自己憐憫する必要はない。彼は恵まれていて才能に溢れているし、世界でも最高のクラブ、世界でも最高のリーグでプレーしている。だから、自己憐憫する必要はないし、心配しすぎる必要もない。」

"私たちの唯一の責任は、彼の中にある最高のものを引き出すことであり、私が知っている唯一の方法は、練習場と試合の中で行うことだ。努力をして、自分が最高のレベルでプレーする準備ができているという状態に身を置くこと、彼はそれをやってくれている、そうすれば報われる。私は確信している。」

「リヴァプール戦での彼のパフォーマンスには満足している。また一歩前進した。」

トゥヘルは、ゴール数や無得点時間数はストライカーの頭を悩ませる数字ではあるが、監督である彼にとっては、それらは二次的な統計でしかないと主張している。

「大事なことはヴェルナー個人の得点数は全く問題ではないと言うことだ。」とトゥへルは付け加えた。

「私たちは彼を笑顔でプッシュして、彼に自信を与えようとしているんだ。今後は、彼の仕事はこのチームで大きな役割を果たすことだ。」

チェルシーからその他