分析

トゥヘル:チェルシー勝利の鍵、ハフェルツを評価、チェルシーのDNAを定義

トーマス・トゥヘルは、4-1で勝利したクリスタル・パレス戦が就任後、最高のパフォーマンスだったかどうかは明言しなかったが、セルハーストパークでの成功の理由についてコメントした。

チェルシーは、最初のホイッスルから威勢がよく、カイ・ハフェルツとクリスティアン・プリシッチのゴールですぐに2点のリードを奪った。30分後にはクルト・ズマが3点目を追加し、さらにリードを広げたかと思うと、後半半ばにクリスチャン・ベンテケにゴールを許す前にも幾度となくチャンスを作っていた。

その後もブルーズは多くのチャンスを生み出し、4点目が生まれた。プリシッチが素晴らしいポジショニングで2点目を決め、この日のブルーズの攻撃は最高潮に達した。

 

「トッテナム、エヴァートン、アトレティコ、リヴァプールに対して非常に良いパフォーマンスをしていたから、今日が我々のベストだったかどうかはわからない」とトゥヘルは試合後に語った。「私はそのようには考えないが、非常に良いパフォーマンスだった。」

「常に試合の勢いと相手に左右されるが、チームは強く、ハングリーで、ボールの有無にかかわらずアグレッシブだった。」

「ボールを持っているときのプレーや、試合を加速させたタイミングには満足している。特に前半、相手陣地での守備には満足している。」

「ボールを失った後の対応が非常に良かったから、全体的には自信を深めるべき力強いパフォーマンスで、当然の勝利だったと思う。」

10月ぶりとなるゴールを決めたハフェルツ

「彼は素晴らしい能力を持っていて、その能力を試合で発揮する必要がある。単純なことだ。カイは決してチームの精神的なリーダーではないし、彼にそれを期待しているわけではない。彼が自分の力を発揮することを期待している。」

「彼は、ハーフのポジションか9番のポジションのどちらか、前線の高い位置にいる必要があり、この二つのポジションは私にとっては大きな違いはない。」

「正直なところ、彼は自分がもっとできることをアピールする必要があり、それは彼にとっては挑戦だった。ポルトの後、彼は2度目のチャンスを得て、しっかりアピールしてくれた。フィニッシュにはまだ改善の余地があり、もっと容赦無く攻めれただろうし、もっと多く得点すべきだったが、悪くないステップであり、良いパフォーマンスだった。」

トゥヘルの下で2点以上のゴールが決まったのは初めてのこと

「今までで一番チャンスを作った試合だったのは間違い無いだろう。ボックス内でボールを持ち、一番得点が多かった。しかし、チャンピオンズリーグやリヴァプールでの試合と比較することはできない。でも、今日のプレーには満足している。」

「プレミアリーグでは、どの試合でも得点するのはとても難しいと感じていまる。私たちはチームとして攻撃面で素晴らしい仕事をした。しかし、複雑なゲームで、試合を攻撃と守備に分けることはできない。」

「攻撃している間、私たちはスペースを閉じていました。クリスタル・パレスをプレッシャーから逃がさなかったし、セカンドボールの回収率も高かった、攻撃している間にラインを押し上げる勇気もあった。」

「私たちが伝えるメッセージは明確で、共に守り、共に攻める。このメッセージは何も変わらない。結果を残すことができたのは非常に嬉しいが、ポルト戦はゼロからのスタートだ。」

「すべての要素にとても満足している。今は、選手たちにとって自分の居場所を求めて戦う時だ。遠征メンバーに入ったら、ピッチに立つために戦う。ピッチに立つことができたなら、ピッチに残るために戦う。」

「今は、大きな変化や試みをする時ではない。私たちはトップ4を目指して戦っているし、他の試合よりも重要だとは考えていない。」

「私たちは一歩一歩進んでる。言うは易く行うは難しだが、今日の私たちは絶対的に集中していたし、これが私が求めていたことだ。」

「チームのDNAの中に絶対的な集中とハードワークを組み込みたい。試合後疲れ果てている必要がある。チェルシーのためにプレーするならそれが必要だ。」

チェルシーからその他