ニュース

好調なパフォーマンス、フォワードのコンビネーション、チームの結束力に誇りを感じるトゥヘル

トーマス・トゥヘルは、難しい状況の中でマンチェスター・シティ相手に勝利を挙げ、FAカップ決勝への進出を決定させた選手たちの素晴らしいパフォーマンスを高く評価した。

ブルーズは終始勝利に相応しい戦いを見せ、後半の早い時間、ティモ・ヴェルナーとメイソン・マウントのカウンターアタックでの崩しからハキム・ツィエクがゴールを決め、これが決勝点となった。

これにより、世界最古の国内カップ戦で5シーズンぶり4度目の決勝進出を果たし、明日行われるレスター・シティ対サウサンプトンの準決勝の勝者と対戦することとなった。

試合後、トゥヘルはこの試合の評価を語り、選手たちの気迫と賢さに満足していることを認めた。

「非常に、非常に力強いパフォーマンスだった。」と語った。「とても嬉しいし、誇りに思う。前半の35分間は素晴らしいプレーができたが、その後の10分間は簡単にボールを奪われたり、もちろんシティの質の高さに悩まされた。」

「後半開始から30分間、チームは力強くプレーし、リードを奪った。しかし、最後の15分は、相手がリスクを冒して攻撃的な選手を多く起用したため、苦しい展開となった。」

「少し疲労が溜まっていたが、それを感じさせない力強さで、今日、このレベルのパフォーマンスをしてくれたチームにとても満足している。」

ツィエクとヴェルナーのコンビでこの試合唯一のゴールを奪った...

「シティに勝つためには、全員がトップレベルでなければならない。2人は前線でスピードと加速力を発揮し、メイソンはパスでインパクトを与えてくれた。」

「ティモとハキムは、アウェイで1-0の勝利を収めたリヴァプール戦と同じコンビで、今日の結果にも満足している。逆に言えば、常にこうでなければならない。ピッチに立っている全員が良いパフォーマンスを発揮しなければならないし、今はシーズンの中で1%も質を落とせない時期。これが私たちの望むレベルだ。」

最近の完封は偶然ではないと語る監督

「完封はただ運良く逃げ切れただけではなく、自分たちの努力の結果。とても嬉しく思う。シティ相手に、ただボックスの中で待って、運良く逃げられればいいという戦い方ではなく、ハードワークをしてチームの絆を感じることもできた。」

「本当の意味での連帯感があり、誰かが1対1で負けた場合、お互いにカバーする準備ができている。ボールに対してアグレッシブでありたいと思っていたが、今日はそれができたから、とても嬉しい。」

トゥヘルはシティ相手に、ライバルたちの基準となる戦いを望んでいたが、今日のパフォーマンスに満足している。

「ペップ(グアルディオラ)と対戦することは、ヨーロッパの最高レベルの選手と対戦することを意味している。というのも、バルセロナ、バイエルン、そしてマンチェスター・シティと、彼が指揮を取るすべてのリーグで、基準となっていたし、それはプレミアリーグでも同じだ。」

「私たちの目標は、90分間、差を縮め続けることだった。サッカーというスポーツでは、いい勢いを持って試合に臨めば、強敵を相手にしても勝利を手にすることができる。私たちは自信を持って、ボールを持っても持っていなくても勇気を持ってプレーした。」

「最高の監督を擁する最高のチームを相手に勝利したことは、自分たちの成長にとって大きな後押しとなる。私たちは若いチームで、このような経験は重要だ。」

チェルシーからその他