ニュース

トゥヘルが、ブライトン戦で足りなかった点を並べ、結果に満足しているかどうかを明らかにした。

火曜日の夜、ブライトン相手にスタンフォードブリッジで0-0の引き分けに終わったが、トーマス・トゥヘルはこの結果に不満はなく、パフォーマンス低下の要因として疲労を指摘した。

先週のカップ戦では、チャンピオンズリーグ準々決勝、2戦合計でポルトに競り勝ち、FAカップではマンチェスター・シティを準決勝で敗退させるなど、2つの大きなチャレンジを成功させて、プレミアリーグに戻ってきた。

これら連戦の結果、今シーズン高い守備力を誇るブライトンを相手に膠着状態となってしまったのだ。 今日の試合、後半ブライトンのダニー・ウェルベックがポストを叩き最もゴールに近づいたものの、合計6本のシュートのうち4本はチェルシーのものだった。

ブライトンの判定

先週のカップ戦では、チャンピオンズリーグ準々決勝、2戦合計でポルトに競り勝ち、FAカップではマンチェスター・シティを準決勝で敗退させるなど、2つの大きなチャレンジを成功させて、プレミアリーグに戻ってきた。

これら連戦の結果、今シーズン高い守備力を誇るブライトンを相手に膠着状態となってしまったのだ。 今日の試合、後半ブライトンのダニー・ウェルベックがポストを叩き最もゴールに近づいたものの、合計6本のシュートのうち4本はチェルシーのものだった。

「精神的にも肉体的にも少し疲れていたようで、いつものようなリズムをつかむことができなかった。また、ブライトンが素晴らしいディフェンスをしていたことも評価できる。終盤にはビルドアップで2つ、3つの大きなミスをしてしまい、試合に負けてしまう可能性もあった、それを受け入れて前を向かなければならない。」

選手変更

「スタンフォードブリッジで勝ち点1点に満足することはない。」と即座に答えた。

「厳しいとわかっていても、ホームでの試合は勝つことが目標。」

「ポルト戦、マン・シティ戦後の移動による肉体的な影響を少し心配していたが、この2試合はそれほど多くのメンバー変更をせずに、プレーさせることにした。そして今日は十分な変更を行なった。(スターティング・ラインアップを5人変更)もう少しフレッシュかと思ったが、もう1日足りなかったのかもしれない。」

「試合と試合の間に2日あるのと3日あるのとでは、大きな違いがある。もっとリラックスして、もっと新鮮な気持ちで臨むためには、1日足りなかったかもしれない。しかし、この2日間で気が散ってしまい、自分たちの試合に集中できなかったことも認めざるを得ない。すべての状況を鑑みると、満足していない。これは初めてのことかもしれないが、今日の試合では、これ以上の結果を望めなかったと受け入れなければならない。」

今日の結果で、チェルシーはプレミアリーグ4位となり、1つ下のウェストハムと同じ勝ち点、同じ試合数となった。土曜日のダービーでは、アイアンズと対戦する。

「明日はオフで、そこからウェストハム戦の準備をする。」と語ったトゥヘル

「2、3日寝れば、4位にいることがわかるし、それが自分たちの手にかかっていることもわかる。ホームゲームで2回もチャンスを逃してしまい、少し心配だが、前進し続けなければない。」


 

チェルシーからその他