マッチレポート

女子サッカーマッチレポート:チェルシー 5 リーディング 0

チェルシー・女子は、フラン・カービーの2ゴール、メラニー・ロイポルツ、サム・カー、エリン・カスバートの1ゴールにより、シーズン最終日のレディング戦で快勝し、女子スーパーリーグのタイトルを保持した。

チェルシー・女子は、フラン・カービーの2ゴール、メラニー・ロイポルツ、サム・カー、エリン・カスバートの1ゴールにより、シーズン最終日のレディング戦で快勝し、女子スーパーリーグのタイトルを保持した。

過去6年間で4回目となるイングランド王者になるためには、キングスメドウでの勝ち点3が必要不可欠であることをブルースは理解していた。

レディングのGKグレース・モロニーを相手に、リューポルツのボレーシュートは正確に決まった。 

WSL屈指のディフェンスを誇るレディングは、今季12回のクリーンシートでゴールデングラブ賞を受賞したアンカトリン・バーガーがいる中。前半終了までにリードを二倍にした。

今シーズンのカーを止めることはできません。

さらに1時間前には、カーとカービーのコンビネーションが躍動し。ワンツーからモロニーをかわしてカービーが見事にシュートを決め、2-0とリードを広げた。

4点目はカービからカー選手に絶妙なクロスからカーがリーグ21点目を決めて、WSLゴールデンブーツ賞を初のクラブとのシーズンで受賞した。

モロニーのファインセーブの後、交代で入ったエリン・カスバートが跳ね返りをゴールに押し込み、5点差となり、試合は終了した。今シーズンの傾向として、このチェルシーを止めることはできない。

ブルースはこれで4つのタイトルを獲得し、10年前に始まったWSL時代に最も成功したチームとしてアーセナルを抜いてトップに立ちました。 

 

 

チェルシー女子 5-0 リーディング女子 (H) | WSL ハイライト
ロイポルツが9つ目のゴールを決めました。
カービーは元のクラブを相手に勝利を収めた
カービーはWSLシーズンで16ゴールの自己ベストを更新した
カーがが足を延ばしてリードを4-0に。
エリン・カスバートのゴール

コミュニティシールド、コンチネンタルリーグカップに続き、今シーズン3つ目のタイトルを手にしたことで、次の試合に注目が集まります。来週の日曜日、スウェーデンのヨーテボリに赴き、女子チャンピオンズリーグ決勝に初出場するバルセロナと対戦します。

チェルシー(4-3-2-1) ベルガー;チャールズ(アンデルソン58)、ブライト、エリクソン(c)、カーター(ブランデル69);ロイポルツ(フレミング69)、イングル、ジ(ライテン58);カービー、ハーダー(カスバート58);カー

サブメンバー: ムソビッチ(テルフォード、イングランド、スペンス

得点者 リューポルツ2、カービー43、57、カー70、カスバート76

 

レディング(3-5-2) モロニー;レイン、バートリップ、クーパー;ハーディング、ウィリアムズ(c)、ジェームズ、ロウ、ロバーツ(アイクランド79);ハリーズ(チャプレンh/t)、カーター

サブメンバー ネイラー、ジョン、フローレス、チルダーハウス

 

主審 ステイシー・ピアソン

チェルシーからその他