マッチレポート

女子チャンピオンズリーグ決勝レポート:チェルシー0バルセロナ4

チェルシーウィメン、初の女子チャンピオンズリーグ決勝戦で惜しくもタイトル獲得とはならず。前半の4失点が響き、ヨーテボリでトロフィーを掲げたのはバルセロナだった。

ブルーズは最悪のスタートを切り、30秒で失点した。リーケ・マルテンスのシュートがクロスバーを叩き、その跳ね返りを処理できず、さらにフラン・カービーのクリアボールがメラニー・ロイポルツに当たりアン=カトリン・ベルガーの頭上を越えてしまったのだ。

その後、バルサがPKを獲得し、キャプテンのアレクシアが自信を持ってゴールを決めたことで、事態はさらに悪化した。さらに21分には、アイティアナ・ボンマティがゴールを決めて3点差となった。

スコアボードでは一方的な展開に見えたが、ブルーズにもいくつかチャンスがあり、そのうちの2つはペルニル・ハルダーに転がってきたが、生かすことができなかった。

一方、相手はそのまま攻め続けた。サム・カーをシュートを外した直後、キャロライン・グラハム・ハンセンが追加点を決めて、バルセロナはさらにリードを広げた。ハーフタイムのホイッスルまであと10分の時点で、4点のビハインド、チャンピオンズリーグ制覇の夢は悪夢に変わってしまった。

後半から途中出場し、バルセロナを追い詰めた選手たちの賞賛に値する。しかし、ヨーテボリのガムラ・ウッレヴィスタジアムでは、突破口を見出せないまま時間だけが過ぎていった。

ハーフタイムにグーロ・ライテンが投入されてからは、サイドからの攻撃が増え、ハルダーとカーの2人がヘディングシュートを狙った。惜しくもゴールはならず、ヨーロッパでの栄冠の夢は来年に持ち越しとなった。

今夜の悔しさは、エマ・ヘイズと選手たちの心にしばらく残るだろう。しかし、これまで2度も準決勝で敗れていたのに、初めてチャンピオンズリーグの決勝に進出できたことは忘れてはならない。

また、4つ目のWSLタイトルと2つ目のコンチネンタル・リーグカップを獲得したシーズンでもあり、シーズン終了前、今週木曜日には、エヴァートンとのFAカップの試合が控えている。悲しみに暮れている時間はない。

準決勝のセカンドレグでバイエルン・ミュンヘンを破り、レディングを退けてWSLのタイトルを獲得したのと同じスターティングメンバーが、この歴史的な意味を持つ試合でも起用された。また、男子チームがFAカップ決勝で新しいホームキットを着用したのに続き、今週末2度目のお披露目となった。

ベスト16のアトレティコ・マドリッド戦で2つのPKをセーブするなど、ヨーテボリへの道のりで極めて重要な役割を果たしたベルガーがゴールを守り、スウェーデン人として初めてチャンピオンズリーグの決勝戦でキャプテンを務めたマグダレーナ・エリクソンは、いつものセンターバックであるミリー・ブライトと並び、ジェス・カーターとナイアム・チャールズが2つのフルバックのポジションを務めた。

中盤には、韓国人として初めてこの大会の決勝戦に出場したチ・ソヨンに加え、ソフィー・イングルとロイポルツが入った。今シーズンのチームの120ゴールのうち69ゴールを決めてるカービー、カー、ハルダーの攻撃的なトリオで今夜の試合に挑んだ。

一方、バルセロナは2019年の決勝戦でも先発した選手が7人もいたため、大会での経験値の高さで有利だった。ファイナルサードでの脅威は、今期のリーガ・エスパニョーラだけで128ゴールを決めていることからもわかる。

キックオフ直後から、その得点力が発揮され、バルセロナは最初の30秒でゴールを決め、夢のようなスタートを切った。左サイドからカットインしたマルテンスがカーブをかけたシュートを放ち、ベルガーが必死に飛び込み、クロスバーに当たった。しかし、それは一時的な気休めに過ぎず、カービーがクリアしようとしたボールはロイポルツに当たり、ベルガーの頭上を通ってゴールに吸い込まれていった。

その1分後にはもう少しで同点に追いつけそうだった。カーのクロスでコーナーを獲得し、セットプレーはクリアされたものの、ボールはそのままボックス内に戻され、ハルダーがマーカーの前に飛び込んだが、ゴールはバーの上を超えた。

準決勝のセカンドレグでバイエルン・ミュンヘンを破り、レディングを退けてWSLのタイトルを獲得したのと同じスターティングメンバーが、この歴史的な意味を持つ試合でも起用された。また、男子チームがFAカップ決勝で新しいホームキットを着用したのに続き、今週末2度目のお披露目となった。

ベスト16のアトレティコ・マドリッド戦で2つのPKをセーブするなど、ヨーテボリへの道のりで極めて重要な役割を果たしたベルガーがゴールを守り、スウェーデン人として初めてチャンピオンズリーグの決勝戦でキャプテンを務めたマグダレーナ・エリクソンは、いつものセンターバックであるミリー・ブライトと並び、ジェス・カーターとナイアム・チャールズが2つのフルバックのポジションを務めた。

中盤には、韓国人として初めてこの大会の決勝戦に出場したチ・ソヨンに加え、ソフィー・イングルとロイポルツが入った。今シーズンのチームの120ゴールのうち69ゴールを決めてるカービー、カー、ハルダーの攻撃的なトリオで今夜の試合に挑んだ。

一方、バルセロナは2019年の決勝戦でも先発した選手が7人もいたため、大会での経験値の高さで有利だった。ファイナルサードでの脅威は、今期のリーガ・エスパニョーラだけで128ゴールを決めていることからもわかる。

キックオフ直後から、その得点力が発揮され、バルセロナは最初の30秒でゴールを決め、夢のようなスタートを切った。左サイドからカットインしたマルテンスがカーブをかけたシュートを放ち、ベルガーが必死に飛び込み、クロスバーに当たった。しかし、それは一時的な気休めに過ぎず、カービーがクリアしようとしたボールはロイポルツに当たり、ベルガーの頭上を通ってゴールに吸い込まれていった。

その1分後にはもう少しで同点に追いつけそうだった。カーのクロスでコーナーを獲得し、セットプレーはクリアされたものの、ボールはそのままボックス内に戻され、ハルダーがマーカーの前に飛び込んだが、ゴールはバーの上を超えた。

前半、相手にとって最大の脅威だったであろうハルダーは、ハーフタイム直前に1ヤードのスペースを見つけ、ニアポストに向かって低いシュートを放ったが、パノスが見事に防いだ。また、前半終了間際には、チがボックス外からのフリーキックを放ったがセーブされた。

ヘイス監督の下ではハーフタイムに選手交代することは稀だが、今夜は何かを変える必要があることが明らかだったので、監督は選手とシステムの両方を調整した。ロイポルツに代わって入ったグーロ・ライテンは、すぐに左サイドにポジションを取り、前半は後方にいることが多かったチャールズは、右サイドのより高い位置に置かれた。

カーのヘディングシュート、いくつかのコーナーキックのチャンスなど、後半はいい流れで始まった。セットプレーの中で、エリクソンはボックス内で突き飛ばされた後、ペナルティをアピールした。しかし、このときは主審はプレーを続行した。

バルサは前半45分間の執拗さから一転、後半はやや落ち着いた印象となり、ブルーズを封じ込めようとしていたが、ブルーズのカウンターを警戒していた。ライテンのフリーキックにハルダーが反応したが、ハルダーのヘディングシュートは十分な威力を発揮できなかった。ヴォルフスブルクでチャンピオンズリーグの決勝に2度も敗れたことのある彼女は、大舞台ではあまり幸運に恵まれていない。

足が少しずつ重くなってきた後半20分、ヘイズがベサニー・イングランドとエリン・カスバートを投入して気分を一新させた。それでも我々は必死に戦ったが、ゴールは生まれなかった。何もかもがうまくいかない夜のひとつだった。

2分間のロスタイムの後、主審は試合終了のサインを出した。- しかし、オショアラがオフサイドフラッグによってゴールを取り消される前に、勝利を確定させたバルセロナのパーティは既に始まっていた。バルセロナはチャンピオンズ・リーグ初制覇、トロフィーに名前が刻まれた8つ目のチームとなった。ブルーズの選手とコーチングスタッフは、こうだったらよかったのにという思いを抱いただろう。

ヘイズがチェルシーウィメンの監督に就任したのは、男子チームがチャンピオンズリーグを初制覇した数ヵ月後の2012年8月だった。当時、WSLで下位に沈んでいた女子チームにとって、そのような展望は遠い夢に過ぎなかった。9年後、トロフィーに手が届くところまで来たが、今夜は私たちの夜ではなかった。しかし、ヘイズが指揮を執った時代から学んだことがあるとすれば、すべての挫折には対応策があるということだ。

今回は惜しい結果になってしまったが、選手たちはクラブの全員が誇りに思うような活躍を見せた。これで旅が終わったわけではない。我々はまたこの舞台に戻ってくる。

チェルシー(4-3-2-1) ベルガー;チャールズ、ブライト、エリクソン(c)、カーター;ロイポルツ(ライテンh/t)、チ(カスバート73)、イングル;カービー、ハルダー;カー(イングランド73)。

サブ: ムソビッチ、テルフォード、ブランデル、フレミング、スペンス、アンダーソン、フォックス、ビーヴァー=ジョーンズ

警告:イングル38

バルセロナ(4-3-3) パノス;トレジョン(クルノゴルチェビッチ 82)、ギジャロ、マリア・レオン、ウアハビ(メラニー 82);ボンマティ、ハムラウイ、アレクシア(c)(ロサダ 71);グラハム・ハンセン(マリオーナ 62)、エルモソ(オショアラ 71)、マルテンス

サブ:コル、フォント、ライア・コディナ、フェルナンデス、ヴィラマラ

得点: オウンゴール1(ロイポルズ)、アレクシア14(PK)、ボンマティ21、グラハム・ハンセン36

警告:ウアハビ 69

主審:リーム・フセイン(ドイツ)

チェルシーからその他