トーマス・トゥヘルの契約延長

チェルシー・フットボールクラブはチャンピオンズリーグ優勝を受け、入団時に合意した通り、トーマス・トゥヘル監督との契約を2年延長しました。

1月に就任したトゥヘル監督は、プレミアリーグで4位に入り2021/22シーズンのチャンピオンズリーグ出場権を獲得しました。

FAカップでは決勝に進出しレスター・シティに1-0で敗れたものの、その2週間後にはポルトでマンチェスター・シティ相手に素晴らしいパフォーマンスで見事ビッグイヤーを獲得しました。

契約延長に当たってトゥヘル監督は次のように語りました。

「これほどいいタイミングでの契約延長はありません。今までの経験、そしてこれからチェルシーの一員でいられることを非常に嬉しく思います。これからもっとやるべきことがあり、大きな目標を持って次のステップに進みたいと思います。」

チェルシーCEOマリナ・グラノフスカイアは監督の契約延長について次のように述べました。

「トーマスが1月に加入したときは、国内でもヨーロッパでもまだ多くの目標が残っていました。彼はすぐにチェルシーの重要な一員となりました。プレミアリーグでトップ4に入ったことは非常に重要でしたし、チェルシーでの素晴らしいシーズンを締めくくるチャンピオンズリーグでの成功は、私たちにとってこれ以上ない喜びでした。だからこそ、トーマスとさらに2年間契約を結んだことを非常に嬉しく思いますし、来シーズンのさらなる活躍を期待しています。」

トゥヘルが指揮を執った30試合は19勝5敗で失点はわずか16でした。我々のヘッドコーチは、シーズン終盤のチームの成功を優れたディフェンスの上に築いたと広く評価されています。

来シーズンのチャンピオンズリーグ出場権を確保しただけでなく、ポルトでは初めて2つの異なるクラブで連続してチャンピオンズリーグの決勝戦に進出した監督となりました。昨シーズンのパリ・サン=ジェルマンとは異なり、トゥヘルはブルースを歴史的な勝利に導き、クラブは2回目となるチャンピオンズリーグ優勝を果たしました。

チェルシーからその他