ニュース

フラン・カービーが年間最優秀選手に

昨シーズンの優れたパフォーマンスが認められ、フラン・カービーがプロサッカー選手協会の年間最優秀選手賞を受賞した。

昨シーズン、チェルシーで大活躍したフォワードのフラン・カービーは、バークレイズ女子スーパーリーグ、コンチネンタルリーグカップの優勝、そして史上初のチャンピオンズリーグ決勝進出に大きく貢献した。

カービーは18試合に出場して16ゴール11アシストを記録し、チームはWSLの連覇を達成しました。

また、カービーはチャンピオンズリーグでも9試合に出場して6ゴールを挙げ得点王に輝いた。この大会の開幕戦で27歳のカービーはチェルシーウィメンの歴代得点王となった。

イングランド出身のカービーは、12月のベンフィカ戦でエニアルコを抜いて、クラブ歴代得点ランキングのトップに立ち、現在チェルシーで134試合に出場して90ゴールという素晴らしい成績を残している。

カービーは、2020/21シーズンでの傑出したパフォーマンスが既に評価されており、先日、ファンの投票により、2020/21年ミレニアム&リゾーツ・チェルシー女子チームの最優秀選手賞を受賞した。

カービーは、バークレイズFA女子スーパーリーグの年間最優秀選手賞や、サッカーライターズアソシエーション女子サッカー選手賞も受賞しているが、今回の受賞は、プロサッカー選手の投票によって決定されるため、最も嬉しい受賞と言えるかもしれない。

カービーがPFA年間最優秀選手賞を受賞するのは今回で2回目となる。過去にはチ・ソヨンとベサニー・イングランドもこの賞を受賞している。

チェルシーからその他