インターナショナル

チェルシー選手の代表戦:ヴェルナーが得点、ハフェルツの活躍でドイツが圧勝

ティモ・ヴェルナーがドイツ代表39試合目の出場で16点目のゴールを決め、カイ・ハフェルツが3ゴールに絡む活躍を見せたドイツ代表は、ユーロ2020前、最後の調整試合で圧勝した。

デュッセルドルフで行われた試合、1000人の観客を前でプレーしたドイツ代表は、ラトビアを相手に前半だけで5得点、7-1で圧勝した。

ヴェルナーは後半開始時にハフェルツと交代で出場、トニ・リュディガーはシーズン終了時に使用していた保護マスクをつけたまま、60分をプレーした。

前半45分間、ハフェルツは前線3人の中で流動的で効果的な役割を果たした。19分、アタランタのウイングバック、ロビン・ゴーセンスが決めた先制点の場面や、その前にも左サイドに飛び出して惜しいシュートを放った。

左サイドのゴーセンスからのパスを受けたハフェルツは、裏に抜け出してゴールキーパーより先にボールに触り、チャンピオンズリーグ決勝で対戦したばかりのイルカイ・ギュンドアンにパス、2点目をお膳立てした。

27分にトーマス・ミュラーが3-0とすると、ハフェルツは右サイドのゴール横深い位置へ抜け、中央に向かって放ったボールは、ラトビアのGKロバーツ・オゾルスの足に当たってゴールへ落ちた。

このオウンゴールにより、39分には4-0となり、ハーフタイム前にはセルジュ・ニャブリが5点目を決めた。

後半開始わずか5分、ヴェルナーがゴールキーパーの股を通す巧みなタッチでニアポストに決めて6-0となった。

試合はほぼ一方的な展開、ドイツのディフェンスと、代表100キャップ目を達成したGKマヌエル・ノイアーにとっては静かな夜だった。前半、リュディガーが前に出てシュートを放ったが、大きく外れた。

しかし残り15分でアレックセイス・サベリェフスがエリア外から放ったシュートでノイヤーはゴールを許した。しかし、その直後に、ヴェルナーも関わったレロイ・サネのシュートで再び6点差にした

勝利を手にしたドイツ代表のユーロ2020は来週火曜日にフランス代表との対戦で始まる。

 

チェルシーからその他