ニュース

メディアウォッチ:チェルシーがコマンに興味か、米出身選手に対するプリシッチの影響について語るフリーデル、ドログバとランパードに憧れていたことを明かしたサンチョが

チェルシー関連の最新情報:報道によるとブルーズがバイエルン・ミュンヘンのキングスレイ・コマンに興味を示している。ブラッド・フリーデルが米国の若手に大きな影響を与えたクリスチャン・プリシッチを称賛した。

これらの記事は外部メディアソースから転載したものであり、チェルシーFCの見解や立場を示すものではありません。

高まるコマンへの興味

ブルーズがキングスレイ・コマンの獲得に興味を示していると報じられている。

Fussball Transfersによると、チェルシーはこの夏ドイツを離れる可能性があると報じられているコマンの今夏の獲得に意欲的だという。

コマンのバイエルンとの契約は2023年までだが、クラブ側は彼と契約延長をする気がないと言われている。

チャンピオンズリーグで優勝を果たしたばかりのチェルシーは、トーマス・トゥヘル監督率いるチームにもう一人のフォワードを加えるチャンスだ。

この報道によると、ブルーズ以外にもマンチェスター・ユナイテッドが彼の獲得に動いているという。

24歳のコマンは、昨季バイエルン・ミュンヘンで8得点15アシストを記録し、チームはリーグ優勝を果たしている。

フリーデルがプリシッチを称賛

CONCACAFネーションズリーグ決勝のメキシコ戦でキャプテンとしてアディショナルタイムに決勝点を決めたクリスチャン・プリシッチをブラッド・フリーデルが絶賛した。

Goal.comに対し元トッテナムGKのフリーデルはアメリカ人選手がヨーロッパでプレーすることが代表の主要大会での躍進にも繋がっていると語った。

「プリシッチを含むアメリカ人選手が現在所属しているクラブでプレーしているのは、彼ら自身の能力のおかげだ。アメリカにおいてサッカー文化が成長すればもっと機会は増えるだろうが、現状では彼は自分の能力だけで勝負している。プリシッチは間違いなく我々にとって最高の選手だ。世界で最も高いレベルにあるクラブの攻撃陣だからね。」

チャンピオンズリーグとCONCACAFネーションズリーグと8日間で2つのタイトルを獲得した22歳のプリシッチだが、フリーデルはカタールで行われるワールドカップでもアメリカを成功に導く可能性があるという。

「彼がいるのは素晴らしい。類稀な選手だ。浮かれずにしっかりとトレーニングに励み続ければ、多くの監督に強い印象を与えることができるだろう。」

ランパードに憧れていたサンチョ

ボルシア・ドルトムントのウィンガー、ジェイドン・サンチョが少年時代にチェルシーのサポーターであったことを明かした。

TalkSportにてサンチョはブルーズで好きだった選手としてディディエ・ドログバとフランク・ランパードの名前を挙げた。

「ランパードだね。子供の頃はチェルシーのファンだった。嘘はつけないからね。」

ランパードはスタンフォードブリッジで素晴らしいキャリアを送り、クラブの歴代得点王になった。さらにリーグ3回、FAカップ4回、チャンピオンズリーグでも1回優勝している。

「ドログバとランパードがお気に入りだった。ランパードと彼のプレースタイルが本当に大好きだった。彼は非常に率直な選手でボール際でも落ち着いていた。それが彼の好きなところだよ。」

チェルシーからその他