クラブパートナー

「世間はすぐに判断したがる」リュディガーがプレッシャーへの対処、精神的に強くなった方法を語る

「今は煌びやかな世界にいるが、世の中の暗い側面も見てきた。でもそれは成長に繋がったんだ。」 | アントニオ・リュディガー

トニ・リュディガーは、ピッチ内外でどのようにして精神面を成長させたかについて、興味深い洞察を共有してくれた。その中で、性格や精神的な強さを育む上で重要な要因となったのは、幼少期であったと語る。

ノンストップシリーズでは、教授、コンサルタント、ベストセラー作家であるダミアン・ヒューズが、選手のモチベーションを高め、鼓舞し、安心させるのは何かを探るために、彼らのマインドセットを探る。

レクソナ社とのパートナーシップによる最新エピソードでは、リュディガーに焦点が当てられた。ベルリンでの生い立ちが選手として、また人間としての彼をどのように形成したか、どのように今の性格が形成されたのかを語っている。

「私の考えでは、あそこで育ったことが一番いい影響を与えたと思っている。」とリュディガーはベルリンでの生い立ちを語った。

「私が育った地域は、ドイツ国内でも厳しい環境として知られている。いわば、強い者だけが生き残れるといった感じなんだ。」

「今はサッカー界で煌びやかな世界にいるが、そこでは世の中の暗い側面を見ることもあった。その側面が私を選手として、また人として成長させてくれた。」

「エクササイズが精神の安定にとても大切」 - ジルーがキャリアにおけるエクササイズの重要性を語る

「幸せで自由だと感じるとき、それが最高の状態だ」-プリシッチ、自らを突き動かす原動力について語る

 

ピッチ上では、リュディガーは強靭で献身的なディフェンダーとして知られているが、ピッチ外では、ドレッシングルームで注目の的だ。

現在、ユーロ2020にドイツとして参加しているリュディガーは、世間は、選手の本当の性格やプライベートを知らずに評価や判断をすると考える。

「世間は、ピッチ上での情報だけに基づいて、すぐに判断したがるものなんだ。なぜなら、みんなが私を知る方法はそれだけだからね。」

「でもそれによって気分が悪くなることはない、自分自身のことはよくわかっているし、それが一番大切なことだからね。」

「フィールド外では、冗談を言うのが好きで、周りに良い雰囲気を漂わせたいタイプなんだ。ピッチに入るとそれが一変する。プレーするときは、もちろん勝ちたいし、すべてをサッカーに注いでいるよ。」

28歳のリュディガーは、サッカー選手としての生活は、自身の心身の健康に重要な役割を果たしていると考えている。

「身体を動かすことは、もう人生の一部になっている。第一にそれが仕事はわけだけど、大きな情熱を持っていて、一生懸命取り組むことが好きなんだ。」
 

チェルシーからその他