スタンフォードブリッジ

ブルース・バック会長とロンドン市長が、スタンフォードブリッジで新型コロナウイルス感染症ワクチンを接種に訪れた何千人の人々を出迎えた。

チェルシーのブルース・バック会長とロンドン市長のサディク・カーン氏が今日、スタンフォードブリッジで行われているナショナル・ヘルス・サービス予防接種センターの活動を視察に訪れました。

ナショナル・ヘルス・サービスとチェルシーがタッグを組み、ブリッジで新型コロナウイルス感染症の予防接種活動を開始しました。事前予約したハマースミスとフルハムの住民に、1日当たり6,000回、ファイザー社製のワクチンで予防接種を行う予定です。

この臨時予防接種センターは、インペリアル・ヘルスケアのメディカルディレクターであるジュリアン・レッドヘッド教授の提案により、ナショナル・ヘルス・センターとクラブとの協力の結果実現したもので、当日はロンドン市長のサディク・カーン氏も参加し、首都圏での予防接種活動に対するチェルシーの協力に感謝の意を表しました。

チェルシーのブルース・バック会長は、パンデミックの時期において、クラブが地域社会に貢献するため、できる限りのことをすることが重要であると説明しました。

「今日はとても重要な日でした。」とバック会長。「ワクチンがトンネルの終わりに見える光であることは、誰もが認識していることだと思います。もう二度とこのような波が来ないように、一刻も早くワクチンを接種するために、全力を尽くさなければなりません。」

ナショナル・ヘルス・サービスとチェルシーがタッグを組み、ブリッジで新型コロナウイルス感染症の予防接種活動を開始しました。事前予約したハマースミスとフルハムの住民に、1日当たり6,000回、ファイザー社製のワクチンで予防接種を行う予定です。

この臨時予防接種センターは、インペリアル・ヘルスケアのメディカルディレクターであるジュリアン・レッドヘッド教授の提案により、ナショナル・ヘルス・センターとクラブとの協力の結果実現したもので、当日はロンドン市長のサディク・カーン氏も参加し、首都圏での予防接種活動に対するチェルシーの協力に感謝の意を表しました。

チェルシーのブルース・バック会長は、パンデミックの時期において、クラブが地域社会に貢献するため、できる限りのことをすることが重要であると説明しました。

「今日はとても重要な日でした。」とバック会長。「ワクチンがトンネルの終わりに見える光であることは、誰もが認識していることだと思います。もう二度とこのような波が来ないように、一刻も早くワクチンを接種するために、全力を尽くさなければなりません。」

チェルシーからその他