ニュース

チームがアイルランドへ

本日、プレシーズン・トレーニングの舞台をコブハムからカウンティ・キルデアに移し、2021/22年シーズンに向けた準備が新たな段階に入った。

今夏の大陸選手権に参加した多くの選手達は、まだ休暇期間を過ごしているが、プレシーズンに向けてクラブに戻ってきた選手たちは、今週火曜日の昼、飛行機でダブリンに向かい、アイルランドの首都から少し離れた場所で1週間のトレーニングを行う。

ピーターバラとの練習試合で6-1の勝利を収めた前週と同様に、現在のメンバーは主に、昨シーズンを欧州チャンピオンとして締めくくったチームの一部と、2020/21年シーズンをローン先で過ごし戻ってきた選手で構成されています。

本拠地サリーと同様、トゥヘル監督、選手、スタッフを迎えたのは晴天で、この日のうちにトレーニングを行う予定だという。この後も様々な活動が予定されている。公式サイトでは、トゥヘルがチェルシーで指揮を執る初めてのプレシーズンの活動についてお伝えする予定です。

昨日、来週火曜日に行われるボーンマスでのプレシーズンゲームのチケット詳細が発表された。

その後、マインドシリーズの2つのロンドンダービーマッチ、アウェイでのアーセナル戦とホームでのトッテナム戦が行われる。スタンフォードブリッジでの試合では、5月ポルトでの輝かしい夜以来、初めてチャンピオンズリーグのトロフィーがお披露目される予定。

スパーズとのマインドシリーズの最新チケット情報はこちら
 

チェルシーからその他