ニュース

トーマス・トゥヘル監督がドイツのシーズン最優秀監督賞に

トーマス・トゥヘル監督が、チェルシーを率いてからの数ヶ月間の活躍により、サッカー専門誌キッカーから名誉あるドイツ年間最優秀監督賞を受賞した。

ドイツのサッカージャーナリストによる投票で選ばれたこの賞は、ポルトでブルーズをチャンピオンズリーグの栄光に導き、さらにリーグトップ4入りとFAカップ決勝進出を果たした監督に贈られた。

受賞したトゥヘルは次のように語った。「自分自身をチームプレーヤーだと思っているので、チーム全体にとっての大きな名誉として、この賞を非常にありがたく受け止めている。自分は個人的な賞に関してあまり興味がない。誰もが愛するピッチ上の選手だけでなく、チームを支えるスタッフの努力が必要だと心から信じている。自分一人でやっているわけではない。ドイツ人やハンガリー人のスタッフだけでなく、コブハムのすべての人たちと一緒に仕事をしているし、信じられないほどのクオリティとサポートがある。サッカーは監督なしでも勝てるが、監督はチームがいないと勝てない。今回の受賞は、チームと自分たちがやってきたことへの報酬であり、次のステップに進むためのものだ。」

129票を獲得したトゥヘルは、昨年の受賞者であるバイエルン・ミュンヘンのハンシ・フリックを11票差で破った。トゥヘルは、同じくバイエルンの元監督で、チャンピオンズリーグ優勝者のユップ・ハインケスからも称賛されている。

ハインケス氏は、「献身的な姿勢があってこそ、彼はこれほどの成功を収めることができた。監督業には浮き沈みがあるが、最終的には振り子は成功するに相応しい人の方にやってくる」と述べた。

ヨーロッパで最も権威のある大会で勝利を収めたチェルシーの監督を務めるトゥヘルが賞にふさわしい人物であることは間違いないだろう。

チェルシーからその他