分析

ボーンマス戦とこれからの展望について語るトゥヘル

昨夜のボーンマスとの親善試合は、トーマス・トゥヘル監督にとって何人かの選手のプレーを初めて見る機会となった。そしてチームは粘り強さを見せ、逆転勝利を飾った。

後半中盤にエミリアーノ・マルコンデスのヘディングシュートで先制されたチェルシーだったが、途中出場したアルマンド・ブロジャとアイク・ウグボが連続でゴールを決めて2-1と逆転した。

「勝つためにプレーしているのだから、勝てば当然嬉しい」と試合後に語るトゥヘル。

「厳しいテストだった。ボーンマスは試合開始から勇敢で、シンプルにゴールを狙い、非常にアグレッシブだった。余裕を持ってプレーするために微調整する必要があった。その後前半は落ち着いて、ビッグチャンスも何度かあった。後半は多くの選手を入れ替えたため流れが止まり、ボールを奪われ2度相手に決定機を与えた。だけど最終的には逆転して、良いメンタリティを見せることができた。」

トゥヘルは守備に5人の選手を起用したが、後半は2トップで中盤の3選手の距離を縮めた。

「アルマンドとアイクは2トップの方が合っている。彼らは2回のチャンス両方をものにした。このままの調子でプレーし続けてほしい。試合に勝つ方がいいし、そのままの調子でプレシーズンを続けることができる。負けると不安になったり、悲しくなったり、怒ったりするからね。」

バイタリティスタジアムでは90分間に21人のチェルシー選手がプレーした。その3分の2はトゥヘルの下でプレーしたことのない選手たちだった。

「こういった試合を通して選手たちを分析して、彼らにとって何が最適化を決めていきたい。今は28~29人とたくさん選手がいて、さらに戻ってくる選手たちがいるから去就について決断を迫られることもあるだろう。試合中に選手たちを理解できるのはいい事だ。フェアな状況で判断できるし、トレーニングよりも印象に残るからね。」

チェルシーからその他