インタビュー

エイブラハム、決勝点の鍵とプレシーズンの調整について語る

エミレーツスタジアムで決勝点を決めたタミー・エイブラハム。アーセナル相手に以前にもこのような光景があった。

2019年最後の試合に戻ると、終了間際でベルント・レノをかわしてゴールしたのはエイブラハムだった。日曜日の午後、エイブラハムはヘクター・ベジェリンのパスに反応し、アーセナルのドイツ人キーパーを前に落ち着いてシュートを決め、歴史は繰り返された。

「プレシーズン中、ずっとプレスに取り組んできたが、それが2点目につながった。」とエイブラハムは分析する。

「このスタジアムに来るのは大好きだ。親善試合とはいえ、私は常にゴールを決めるつもりで、幸運にも再び決勝点を決めることができた。」

エイブラハムは、5日前のボーンマスでは60分ほどピッチに立っていたが、昨日は後半の45分間をプレーした。しかし、プレシーズン始動から参加している選手の一人として、来週のシーズン開幕に向けて必要なコンディションに近づいている。

「ものすごい疲れた!砕け散ったよ。俺たちはトレーニングに励んでいる。シーズンに向けて全員が準備しているんだから、これでよかったのだ。」

「時間をかけて、まだ2、3回練習があるし、これから戻ってくる選手もいるから、絆を深めて、きっとベストな状態にたどり着けると思っているよ。」

「ハードワークを続けなければならないし、きっとシーズンに向けていい準備ができるだろう。」

チェルシーからその他