Chelsea Transfer News

リヴラメントがサウサンプトンへ移籍

アカデミーのDFティノ・リヴラメントが今日サウサンプトンへ完全移籍することが決まった。

クロイドン出身のリヴラメントは、U-9からチェルシーのアカデミーに入団し、年齢を重ねるごとに右サイドバックのポジションに定着していった。近年は、主にウイングバックとしてプレーしている。

高校生の時にユースチームとU-19でデビューした後、2019/20シーズンには、FAユースカップの決勝に至るまで全試合に先発出場するなどチームにとって重要な役割を果たし、タイトルを獲得したアンディ・マイヤーズの育成チームでも7試合に出場した。17歳の誕生日の翌日、1-1の引き分けに終わったウルブス戦で、このレベルでの初ゴールを決めた。

U-18の出場資格もあったリヴラメントは、昨シーズンのほとんどをプレミアリーグ2でプレーしたが、ユースカップでは3試合すべてに出場し、3回戦のバーンズリー戦ではゴールを決めた。

その結果、シーズン終盤のマンチェスター・シティ戦とアーセナル戦ではトップチームでベンチ入りを果たし、アカデミー最優秀選手にも選ばれた。

ティノのこれまでのクラブへの貢献に感謝するとともに、今後の活躍を期待しています。

チェルシーからその他