Japan

一週間のダイジェスト

レンタル移籍する選手に関する最新情報、プレシーズンの準備に関するトーマス・トゥヘルのコメント、その他チェルシーの1週間を振り返る。

トゥヘル、選手の将来を決める準備を進める

先週、ボーンマスとアーセナルで行われたチェルシーのプレシーズン親善試合で、トーマス・トゥヘル監督は多くの選手に試合出場の機会を与えた。

2-1で勝利したボーンマス戦では、トゥヘル監督の下でプレーしたことのない選手が3分の2を占めるなど、90分間で21人の選手が活躍した。

「選手を分析し、判断し、選手にとって最適な次のステップを決定するために、これらの試合を必要としている。」と語った。「現在、28人または29人という大規模なトレーニンググループで、近い将来にさらに選手が戻ってくるので、いくつかの決断をしなければならない。」

「トレーニングよりも試合中に学ぶ方が良いので、公正な基準で判断する必要もあり、試合中の印象でフェアに判断するように努めている。」


アウェーキット発表

先週の木曜日、ブルーズは来たる2021/22シーズンに使用する新しいイエローのアウェーキットを発表した。

キットはブラックとの組み合わせで、印象的でインパクトのあるデザイン美学を表現している。ブラックのショーツ、ブラックのストライプが入ったイエローのソックス、そしてネックラインに隠されたアクセントが特徴的だ。また、シャツの内側には「Pride of London」のロゴが入っており、クラブの価値観を思い出させてくれる。

新しいチェルシーのアウェーキットは、ペットボトルをリサイクルして作られた100%リサイクルポリエステル生地が用いられている。これにより、環境への影響を軽減しながら、最高のパフォーマンスを発揮することが期待される。

2021/22の新しいアウェーキットをいち早く手に入れよう!チェルシー公式オンラインストアで今すぐお買い求めください。


ベッティネッリが加入

南西ロンドンへの移籍が完了した後、チェルシーの公式ウェブサイトでは、GKマーカス・ベッティネッリの加入を発表した。

この29歳の選手は、過去15年間をフルハムで過ごした、ウィリー・カバジェロが去った後のGK陣に力を加えることになる。彼の2年契約にサインした。

「チェルシーに移籍したのは、新しい経験と新しいチャレンジのため。今は、監督や選手たち、そして自分自身のためにできる限りのことをして、ここでうまくやっていくことに集中している。願わくば、フルハムの時のように長くいられるようにしたいね。」

ギャラガーがクリスタルパレスへレンタル移籍

コナー・ギャラガーは、クリスタルパレスへの移籍が完了し、2021/22シーズンは、セルハーストパークでプレーすることになった。昨シーズン、ウェストブロムで32試合に出場し、2ゴールを記録した21歳の選手にとって、プレミアリーグチームへのレンタル移籍は2シーズン目となる。

また、同じ週に、さらに4人のアカデミー選手のレンタル移籍と1人の完全移籍を発表した。ヘンリー・ローレンスは、AFCウィンブルドンに2021/22シーズンのレンタル移籍。

ゴールキーパーのジェイミー・カミングは、2021/22年シーズンをリーグ1のジリンガムにレンタル移籍することになった。昨年度、リーグ2のスティーブニッジで成功を収めた21歳のGKは、スタンフォードブリッジを離れて2度目のシーズンを迎えることになった。

イアン・マートセンはコベントリーシティへレンタル移籍しチャンピオンシップでプレーすることになり、DFのディネル・シメウはサウサンプトンへ完全移籍を完了した。

チェルシーからその他