ニュース

メディアウォッチ:チェルシーがライスに関心、ジルーがツィエクを称賛、ハッチンソンがシェフィールドWと契約

チェルシー関連の最新情報:報道によるとチェルシーはデクラン・ライスの獲得を諦めてない。一方でオリヴィエ・ジルーがハキム・ツィエクを称賛した。

これらの記事は外部メディアソースから転載したものであり、チェルシーFCの見解や立場を示すものではありません。

ブルーズがライスに注目

Telegraph紙によると、チェルシーはウェストハムのMFデクラン・ライスの獲得を諦めていないようだ。

イングランド代表のデクラン・ライスは、欧州選手権での休養を終えて練習に復帰したが、クラブとの契約延長にはまだサインしていないと報道されています。

ライスは契約期間があと3年残っており、他クラブのオファーについての情報提供を希望しているという。ライスは、ブルーズとマンチェスター・ユナイテッドのトップ・ターゲットであると報じられている。

「ウェストハムがライス放出に多額の移籍金を要求しているため、これまでのところ、チェルシーとマンチェスター・ユナイテッドは正式にオファーを提示していない。両クラブは、12ヶ月後には価格が下がることをよく理解している」と同紙は述べている。

ライスはEuro 2020で印象的な活躍をし、イングランドの決勝進出に貢献した。今年、ウェストハムがヨーロッパリーグに出場することで、ブルーズが動き出せば、22歳の選手は次のステップに向けてさらに準備ができるだろう。

ジルーがツィエクを称賛

元チェルシーのオリヴィエ・ジルーが、ハキム・ツィエクの印象を語った。

イタリアのメディアに対し、ジルーはアヤックスから移籍してきたツィエクについての感想を述べた。

「ツィエクは素晴らしい選手だよ。一緒にプレーしたのは数回だけだけど、いい連携だった。」

28歳のツィエクは、プレシーズンにおいてトーマス・トゥヘル監督のもと素晴らしい活躍を見せており、ブルーズではこれまでに4試合で5ゴールを記録している。

2-2の引き分けに終わったスタンフォードブリッジでのマインドシリーズ・トッテナム戦では2得点を決めた。

「彼の左足はトップレベルにある。経験もあるしテクニックが非常に優れている。彼とまた一緒にプレーしたいね。」

ハッチンソンが新しい契約にサイン

Yorkshire Liveによると、元チェルシーのユース選手、サム・ハッチンソンがシェフィールド・ウェンズデーと新契約を結んだ。

ハッチンソンは、9歳でチェルシーアカデミーに入団し、2007年に18歳でシニアデビューを果たし、U-18とU-19のイングランド代表にも選出された。

しかし、2010年に再発した膝の故障により21歳で引退を余儀なくされた後、ハッチンソンは現役復帰し、フットボールリーグの選手として定着した。シェフィールド・ウェンズデーのダレン・ムーア監督も、ハッチンソンの多才さを高く評価している。

「ハッチンソンは今シーズンCBとMFとしてプレーするだろう。彼は器用でどちらのポジションでもうまくプレーできる。」

ハッチンソンは昨季シェフィールドで22試合に出場したため、自動的に1年契約を延長することになった。

チェルシーからその他