インタビュー

サウール・ニゲスの独占初インタビュー:ビッグチャンスと旧友との再会

アトレティコ・マドリードから期限付き移籍したサウール・ニゲスが独占初インタビューに応じ、巡ってきた移籍の機会と、チームへの順応の助けになると期待している旧友との再会について語った。

26歳のサウールは、火曜日夜にスペイン首都のマドリードからの移籍を決め、水曜日にはロンドンに到着し、初めてトレーニングセンターを訪れた。

既に新しいチームメイトと一緒にトレーニングを始め、来週末にホームで行われるアストンヴィラ戦でのチェルシー・デビューを目指す。そんな彼がチェルシー入団後初めてとなるインタビューに臨んだ。

サウール、チェルシーへようこそ。ここに来ることはあなたにとって何を意味しますか?

「ここに来れて嬉しいよ。自分のキャリアにとって大きなチャンスだった。チェルシーに来るチャンスを掴んでここにいることが嬉しい。トレーニング、そして監督と一緒に仕事をしていくことが楽しみだよ。」

ここ数日間は大変だったでしょう。

「アトレティコ・マドリードは15年を過ごした自分にとっての故郷だ。そして、チェルシーへの移籍のチャンスが来たときには、断ることができなかった。移籍市場の最終日はクレイジーだったけど、最終的にはみんなが望んでいたようにここに来ることができたんだから、このチャンスを掴まないとね。子供の頃から、アトレティコ・マドリードで歴史を作ることと、プレミアリーグでプレーすることという2つの目標を持っていた。プレミアリーグは、リーグそのものだけでなく、その文化や言語の面でも魅力があるんだ。言語は自分にとって大きな挑戦で、チームメイトとシンプルかつ快適にコミュニケーションできるように、できるだけ早く習得したいと思っている。アトレティコでは(キーラン・)トリッピアーとよく話していたけど、まだ十分に英語は話せないんだ。英語でインタビューをすることなんてまだ無理だよ!」

代表のチームメイト、そして旧友がチームへの順応の助けになると思います。

「それはとても大事なことだね。(セサル・)アスピリクエタ、マルコス(・アロンソ)、ケパがいるからね。特にケパはスペインのユースチームでプレーし始めたときから部屋を共にしていたんだ。彼にはすでに、言葉に慣れるように英語で話しかけてくれと言ってある。彼らとスペイン語で話したくはないよ。助けてくれるだろうけど、本当に難しいとき以外は、できるだけ英語で話すようにしたい。」

サウールの独占インタビューのフルバージョン

チェルシーからその他