トゥヘル:アスピリクエタをコーチングできて光栄だ

トーマス・トゥヘル監督は、最近プレミアリーグ300試合出場を達成したチェルシーのキャプテン、セサル・アスピリクエタを称賛している。

先週、The 5th Standアプリに登場した監督は、アスピリクエタが9年前にスタンフォードブリッジに来て以来、彼がクラブに与えた影響について聞かれ、「信じられないほどの偉業だ」「毎日、一緒に仕事をするのは光栄だ。」と力強く答えた。

トゥヘル監督は、アスピリクエタがブルーズでプレミアリーグ300試合出場を達成したことについて、「何と素晴らしいことだろう。彼はそれに値する男だ。」と語った。

「このようなレベルで300試合を戦い、多くのトロフィーを獲得することは、難しい。これは運ではなく、努力と決意の賜物だ。」

「彼の監督になれたことを純粋に喜んでいる。アスピはとても集中力があり、誠実で、スポーツマンであり、競争者でもある。彼はとてもオープンで、毎日、自分の最高のパフォーマンスに集中している。あなたが試合の日に見ているものは、私が毎日見ているものだ。」

「彼は自分の役割を生きている。彼は、外部から期待されるような、あるいは一般的に私たちがリーダーに期待するような、うるさくて外向的なリーダーではないかもしれない。彼はそういうタイプではない。」

「彼は内面では感情的だが、落ち着いていて、手本となって導いてくれる。毎日、スピーチをしているわけではない。彼をすべての練習に参加させれば、どのレベルで取り組むべきなのかが示される。体調も良く、睡眠もとっていて、体調管理にも気を配っている。」

「彼は素晴らしいキャプテンであり、素晴らしい選手であり、人間としても素晴らしい。」

チェルシーからその他