Japan

一週間のダイジェスト

トーマス・トゥヘル監督がヴィラ戦後にコメント、トレヴォ・チャロバーのゴールが月間最優秀ゴール賞に選ばれるなどチェルシーの一週間を振り返る。

ルカクの影響について語るトゥヘル

トーマス・トゥヘル監督は、スタンフォードブリッジにて3-0で勝利したアストンヴィラ戦で2得点を挙げたベルギー人ストライカー、ロメル・ルカクの重要性を改めて強調した。

監督は、ルカクの決定力とフィニッシュの質の高さを高く評価し、それがブルーズに明らかな違いをもたらしていると語った。

「彼には個性があり、自信を持っていて、ゴールを決めてチームに貢献したいと思っている。そしてそれを実行するための自信と落ち着きもある。今日のゴールは簡単なタップインではなく技術度が高く非常に重要なものだった。彼は、これまでのチームになかった何かを与えており、みんな彼のプレーに満足している。」

 

チャロバーのロングシュートが月間最優秀ゴールに

トレヴォ・チャロバーがプレミアリーグ開幕戦で放ったシュートが8月の月間最優秀ゴールに選ばれた。

チェルシーでの初出場でUEFAスーパーカップを制した後、プレミアリーグのデビュー戦であるクリスタルパレス戦でゴールを決めたチャロバーは、2021/22シーズンのキャンペーンで夢のようなスタートを切った。

25ヤードの距離から放たれた低軌道のシュートは、ファーポストをかすめるようにして入り、試合はチェルシーが3-0で勝利、22歳のチャロバー、チームメイト、そしてファンはこの感動的な瞬間を大いに祝った。

 

チェルシー・ウィメンがリーグ戦初勝利

チェルシー・ウィメンは、日曜日にキングスメドウで行われたホーム開幕戦で、エヴァートンを相手に圧倒的な強さで4-0の勝利を収めた。

女子スーパーリーグの初戦では、アーセナルに敗れたが、この試合ではサム・カーの2点、フラン・カービーとベサニー・イングランドのゴールで、エマ・ヘイズ監督率いるチームは当然のように勝ち点3を獲得した。

これから多くの選手が代表戦によるブレーク中に各国の代表チームに参加し、月末に復帰して次のマンチェスター・ユナイテッド戦に臨む。

 

バークリーの将来について語るトゥヘル

アストンヴィラとの対戦を前にした記者会見で、トーマス・トゥヘルは、今シーズンのブルーズにおけるロス・バークリーの将来についての質問に答えた。

トゥヘルは、イングランド代表MFにとっては簡単なことではないが、選手は我慢して待つ必要があり、一方で彼にもサポートをしていくと認めた。

「彼も自分自身に同じ質問をしていると思う」とトゥヘルはバークリーの将来について語った。

「ここにいる私たち全員がその質問に対する答えを持っていないと正直に言わなければならないかもしれない。彼はこの状況をとても心配していて、どうしてこうなってしまったのか、自分の居場所や役割がよくわからないのだと思う。現在、彼はトレーニンググループのレギュラーメンバーであり、彼がこの状況を受け入れることが最も重要だ。この状況に納得する必要はないけど、ポジティブに受け止めるべきだろう。彼のポジションには多くの選手がいるから、そう簡単ではない。どうなるかこれから見ていこう。手遅れということはないし、監督としてできる限り彼をサポートしたい。待つことと、少しの辛抱が必要だ。」

チェルシーからその他