マッチプレビュー

Pre-Match Briefing:チェルシーvsゼニト・サンクトペテルブルク

2021/22シーズンの2つ目の大会が今夜始まろうとしている。この試合を前にチェルシーのクラブ史に精通するリック・グランヴィルとデータ収集家ポール・ダットンが主なポイントを紹介する。

チェルシーがヨーロッパの王座を守るためにチャンピオンズリーグを戦うのは、史上2度目のことである。

トーマス・トゥヘルは、グループステージの初戦の重要性を強調しており、監督として3回目のチャンピオンズリーグ決勝進出、つまりロンドン勢にとっては4シーズンで3回目となる可能性がある。そしてトゥヘルにとって夜の満員のブリッジは初めての経験となる。

グループステージでここ11試合無敗という実績を持つブルーズは、たとえ慣れない相手であっても自信を持って臨むことができるだろう。

ナイトゲームの行われるブリッジにファンが戻ってくる!

チェルシーとゼニトは初顔合わせとなり、親善試合でも対戦したことがない。ブルーズにとってゼニトはリーグ・カップ戦合わせて195番目の対戦相手であり、ロシア勢としては5番目となる。ブルーズが欧州大会でロシア勢に敗れたのは、2013年4月のヨーロッパリーグ準々決勝、ルビン・カザン戦での2-3だけ。

チェルシーにとって、ヨーロッパ大会への参加は30回目、チャンピオンズリーグでは18回目となる。過去17回のうち16回はグループステージを突破しており、敗退したシーズンはヨーロッパリーグで優勝している。

チェルシーはスタンフォードブリッジで行われたチャンピオンズリーグのグループリーグ17試合のうち10勝しており、1回しか負けていない

photo of 主なデータ 主なデータ


チェルシーのニュース

チェルシーは2020/21シーズンのチャンピオンズリーグで、13試合中9試合に勝利し、敗戦は1度だけで9回のクリーンシートを達成している。

土曜日の試合では6人のメンバーを変更したが、今夜も多くの選手を入れ替えるだろう。アンドレアス・クリステンセン、メイソン・マウント、リーグ戦出場停止のリース・ジェイムズ、そしてトッテナム戦での復帰が期待されているエンゴロ・カンテなど、ヴィラ戦には出場していなかったレギュラーメンバーもいる。また、UEFAプレーヤー・オブ・ザ・イヤーに輝いたジョルジーニョ、ティモ・ヴェルナー、セサル・アスピリクエタも、週末のリーグ戦は途中から出場している。

ヴェルナーは昨シーズンのこの大会で4ゴール、2アシストの計6ゴールに貢献し、そのうち3ゴールはスタンフォードブリッジで決めたものだった。これまでのチャンピオンズリーグで27試合出場13ゴールを記録しているロメル・ルカクは先発出場が濃厚だ。

マンU時代にチャンピオンズリーグでPSG相手にゴールを決めたルカク

ルカクがホームのヴィラ戦でチェルシー史上初のゴールを決めたのは、彼の卓越した動きと機知に富んだ能力だけでなく、中盤でボールを獲得したときに素早く前にボールを出すという戦術が通用することを示している。すでに1試合を終えた時点で、トゥヘル監督下のブリッジで、ルカクよりも多くのゴールを決めたチェルシーの選手はいない。

代表戦直後のリーグ戦は非常にトリッキーで、前回はウェストブロムにホームで2-5の大敗を喫した。ヴィラの巧妙なアプローチは、バイエルンの監督が望む以上にビジターに多くのチャンスをもたらしたが、エドゥ・メンディの俊敏なGKとルカクの正確なゴールで、あたかもチェルシーがずるをしているようだった。マテオ・コヴァチッチの鮮やかなゴールは、彼にとってブリッジでの初ゴールとなった。

早い時間に交代したが、サウールは45分間の "洗礼 "から学んだはずだ。ディオン・ダブリン戦でのマルセル・デサイ、ウェストブロム戦のチアゴ・シウバと、偉大な選手たちがデビュー戦でもっと大変な思いをしたが、彼らはすぐにプレミアリーグ独特の激しさに適応した。

もうひとつ、注目すべき点がある。昨シーズンのチャンピオンズリーグでは、チェルシーの23ゴール中8ゴール(35%)は75分以降に決めたものだが、ゼニトは同時間帯に13失点のうち5ゴール(38%)を奪われている。


ゼニトというクラブ

ゼニトは金色に輝く古代の港町、サンクトペテルブルクのチームだが、ヨーロッパのエリートの中で成功を収めるのは難しく、昨シーズンのグループステージでは5戦5敗、6戦1引き分けだった。

過去8回のアウェー戦のうち7回は敗北を喫しており、UEFA大会でイングランドを訪れた際は3回対戦して勝ち点0に終わっている。

マイケル・エッシェンと一緒にグループステージを戦ったブラニスラフ・イヴァノヴィッチは、このチームで2020年までキャプテンを務めていました。セルゲイ・セマク監督のもと、元リヴァプールのセンターバック、デヤン・ロヴレンがプレーしている。今回は負傷により欠場することになるが、ゼニトは土曜日にホームでアクタムと対戦し、無敗で5勝目を挙げている。

ゼニトのセルゲイ・セマク監督は2004年にCSKAの選手としてチェルシーと対戦した

この試合、相手の背後を突くことを目的とするゼニトの典型的なパフォーマンスとなった。いずれのゴールも、バイラインからのレイバックで味方を誘っていた。守備は乱れやすく、ここまで1度もクリーンシートを達成しておらず、ライバルの4クラブよりも失点数が多い。

2005年にガスプロム社がクラブを買収して以来、最も長く指揮を執ってきたロシア人であるセマクは、4年前までレジェンドとしてプレーしていたゼニトで9日間の世話役を務めた後、2018年にロベルト・マンチーニの後を継いだ。

イヴァノヴィッチと同じく元ブルーのユーリ・ジルコフをレギュラーの4バックに加え、アンドレ・ヴィラス=ボアス時代以来のタイトルをサンクトペテルブルクに持ち帰った。しかし、それ以来、南米風のスタイルに変化したチームで生き延びた選手は今はほとんどいない。

セマクのチームは攻撃重視で、中盤は2人の深い位置にいるMF(コロンビア人のウィルマール・バリオスなど)と2人の逆足ウイング(ブラジル人のマルコムとウェンデルが有力)で構成され、それをヴャチェスラフ・カラヴァエフとドグラス・サントスの冒険的なフルバックがサポートするというものだ。

ブリッジでは、イランのスター、サルダル・アズムンの1トップを、最近契約したポルトガル人のクラウディーニョがサポートすることになるかもしれない。移籍市場締切日に加入したスタニスラフ・クリテュクは、週末にゴールデビューを果たしている。

ゼニトのFWサルダル・アズムンはロシアの3クラブでプレーした

4バックのレギュラー2人、ロヴレンとカラヴァイエフは遠征に参加しないが、ウィルマーは他のメンバーよりも遅れる可能性があるものの、隔離規定により試合出場できるだろう。


冬の熊

16チームからなる第30回ロシア・プレミアリーグでは、昨季王者のゼニトが7試合無敗でリードしている。ロシアのトップリーグは、そのシンボルである熊のように、冬になると冬眠し、2月に再開される。ブルーズがサンクトペテルブルクを訪れる12月の平均気温は-3.8℃で、ロンドンの例年より9℃低い。

サンクトペテルブルクにあるゼニトのスタジアム


2021/22シーズンのチャンピオンズリーグ規定

ノックアウトステージに限り、アウェーゴールのルールが廃止される。第2戦で同点になった場合、アウェーゴールの数にかかわらず、延長戦、必要に応じてPK戦が行われる。

UEFAはこれまで通り、12人のベンチから5人の交代要員(ノックアウトステージの延長戦では6人目)を認める。このシステムは、グループHのライバルである各チームの国内リーグで導入されており、トーマス・トゥヘルは、プレミアリーグにこのシステムがないのは不利だと発言している。

「私も長い間、小さなチームの監督をしていたけど、交代枠増加を望んでいた」と指摘している。

 

ホーム育成選手

ロメル・ルカクとの再契約のメリットは、プレミアリーグではホームグロウン選手、UEFAでは「アソシエーション・トレーニング」を受けた選手とみなされることだ。トーマス・トゥヘル監督が率いるチャンピオンズリーグの25人のチームには、リストB(21歳以下)の選手を含めても10人のホームグロウン選手がいるが、ルカクはこれに加わる。

UEFAのチームには、クラブや協会でトレーニングを受けていない21歳以上の選手は17人しか登録できない。過去には、自国で育った選手の数が少なかったため、ブルーズのトップチームの上限は21人で、リストBの21歳以下の選手で補強されることもあった。

 

決勝戦のスタジアム

グループHでは、昨年の決勝戦で優勝したチェルシーと、次の決勝戦の開催地を本拠地とするゼニトが対戦する。運がよければ、歴史は繰り返されるだろう。

昨シーズン、チェルシーは準々決勝でポルトを破り、決勝ではスタディオ・ド・ドラガオでマンチェスター・シティと対戦した。

ポルトでのポルトでのCL制覇

2022年5月にチャンピオンズリーグ決勝が行われるゼニトの7万人収容のガスプロムアリーナへは、グループリーグ最終戦で初めて訪れることになる。

グループHの他チーム

マルメのリーグ戦での不振は続いており、土曜日に行われた試合では、ビジターであるノルヒェーピングに土壇場で同点弾を決められ、開幕からスウェーデン王者は5戦1勝となっている。

ユヴェントスは3試合未勝利のまま、セリエAの17位に転落した。前節ではホームのナポリがヴォイチェフ・シュチェスニーのミスに乗じて2-1で勝利した。尚、この試合で元ブルーのアルバロ・モラタがゴールを決めている。

チェルシーからその他