分析

トゥヘル監督、後半の手応えについて、傑出したチアゴ・シルバ、ユニークなカンテ、メンディとプリシッチのコンディションについて

普通トッテナムとのアウェイ戦で3-0の勝利を収めれば、チェルシーの監督は大喜びするだろうが、トーマス・トゥヘルは、エネルギーと攻撃性に欠けた前半のパフォーマンスに満足していないことを認めた。

ブルーズは前半はシュートを全く打てず、監督は休憩中に選手交代を余儀なくされ、試合の流れを変えるために中盤にエンゴロ・カンテを投入した。

これが脅威となり、チアゴ・シウバ、トニ・リュディガーと並んでカンテが得点源となり、3ゴールで勝ち点3を獲得し、プレミアリーグ5戦を終えた時点でリーグ首位に立った。

試合後、トゥヘル監督は、前半に何が足りなかったのか、そして後半になぜ自分たちのチームがこれほどまでに良くなったのかを振り返った。

「最初の45分には不満が残る」と語った。

「ケパやチアゴ・シルバのような個人的に素晴らしいパフォーマンスもあったし、それ以外の選手も良かったが、全体的にエネルギーが不足していて、もっと執拗にぶつかり合うべきだった。」

「純粋な技術で感動を与えたいという気持ちはありましたが、プレミアリーグのこのような試合、トッテナムとのアウェイでのダービーでは、技術的なプレーだけではない。アグレッシブさ、一対一での勝利、チームとしてのパフォーマンスも重要だ。」

「エネルギーが不足していたから、ハーフタイムにはっきりと話した。後半は非常に良いパフォーマンスで、勝利に値するものだった。非常に良いリアクションだった、後半のパフォーマンスには満足している。」

トゥヘルは、ハーフタイムでの交代とドレッシングルームでの発言について聞かれ...

「実際にはシステムを変えたわけではないが、それが重要だったのかもしれない。システムを変えたように見えるが、より信念を持って、エネルギーとクオリティを持ってシステムをプレーしただけ。前半は単純にだらだらしすぎていた。」

「ベンチにいるエンゴロは、ギアを入れたいときに投入するには最適な選手だと思う。私たちは、コンパクト性とボール奪取力を向上させて、相手の陣地に試合を持ち込みたかった。それが私の意図で、うまくいった。」

カンテのインパクトについて聞かれた監督は、彼のユニークな資質を称賛した...

「彼はトッププレーヤーだ。エンゴロがいれば、誰もが求めているものが手に入る。中盤に必要なものがすべて揃っている。仕事の速さ、激しさ、ボール奪取、スッキリしたプレー、ボールのないところでのプレー、ボールを持ったときのプレー、そして今日はゴールもあった。」

「毎日、トレーニングで見ているが、彼の良さは信じられない。彼はユニークな選手だ。後半はジョルジーニョやコヴァチッチと共に中盤を強化したが、エンゴロはエンゴロだ。彼は素晴らしい。」

トゥヘル監督は、来週で37歳になるチアゴ・シウバのパフォーマンスを高く評価した...

「彼は傑出していた。彼のゴールのアシストも良かったし、今日、彼が得点してゲームを開くことができたのは非常に嬉しいが、前半も彼のパフォーマンスは際立っていた。素晴らしいパフォーマンスだった。」

最後に、エドゥ・メンディとクリスチャン・プリシッチのコンディションに関する最新情報があった。

「1週間を通してあらゆることを試し、昨日のトレーニングでも試しましたが、完璧ではなかった。チャンピオンズリーグのゼニト戦で土壇場で蹴られてしまったことが原因なので、かなり痛かっただろうし、本人もそれを感じていた。」

「そのため、100%でプレーできるケパを起用することにした。また、エドゥーがサポートしてくれて、良いエネルギーを与えてくれた。今日、ケパが重要な役割を果たし、完封を達成したことは、彼に相応しいことなので、とても嬉しい。」

「クリスチャンにとって、(ミッドウィークのカラバオカップでの)アストンヴィラとの試合は、少し近すぎるのではないかと思っている。私が間違っていることを祈るが、これが私の印象だ。彼は今のところトレーニングに参加していないが、明日になってみないとわからない。今日、彼が良い方向に進んでくれれば、可能性はあるかもしれない。彼が出場すれば我々にとって非常に素晴らしいことだが、まだ少し不安だ。」

チェルシーからその他