Japan

一週間のダイジェスト

トッテナム戦での勝利について語るトゥヘル、ジミー・グリーブスが81歳で逝去などチェルシーの一週間を振り返る。

後半のチームのパフォーマンスに満足するトゥヘル

普通ならば、トッテナムとのアウェー戦で3-0の勝利を収めれば、チェルシーの監督は大喜びするだろうが、トーマス・トゥヘルは、エネルギーと攻撃性に欠けた前半のパフォーマンスに満足していないことを明かした。

ブルーズは前半はシュートを全く打てず、監督はハーフタイム後に試合の流れを変えるために中盤にエンゴロ・カンテを投入した。

「最初の45分には不満が残る。ケパやチアゴ・シルバのような個人的に素晴らしいパフォーマンスもあったし、それ以外の選手も良かったが、全体的にエネルギーが不足していて、もっと執拗にぶつかり合うべきだった。純粋なテクニックで感動を与えたいという気持ちはあったが、プレミアリーグのこのような試合、トッテナムとのアウェーでのダービーでは、技術的なプレーだけではない。アグレッシブさ、一対一での勝利、チームとしてのパフォーマンスも重要だ。エネルギーが不足していたから、ハーフタイムにはっきりと話した。後半は非常に良いパフォーマンスで、勝利に値するものだった。非常に良いリアクションだった、後半のパフォーマンスには満足している。」

 

ジミー・グリーブスが他界

チェルシーフットボールクラブは、ジミー・グリーブスという素晴らしい選手の死を悼んでいます。

日曜の朝、グリーブス氏が81歳で亡くなったことが発表されました。

グリーブス氏は、チェルシーでトップリーグ157試合に出場し、リーグ戦で124ゴールを記録しました。また、カップ戦でも8ゴールを挙げ、169試合で132ゴールを記録しました。これは、チェルシーの歴史の中で7番目に多い数字です。

ジミー・グリーブス氏のご家族、ご友人の皆様には、心よりお悔やみ申し上げます。


リュディガーの契約について語るトゥヘル

トゥヘル監督が、今シーズンで契約が切れるトニ・リュディガーの契約状況について語った。

リュディガーは、トゥヘル監督の下でチェルシーのディフェンスの中心として輝き続け、昨シーズン終盤同様に、今シーズンも序盤から好調ぶりを見せている。トゥヘル監督は、彼が残留するように、選手とクラブの間で「解決策」が見つかることを願っている。

「解決策が見つかることを願っているが、それは監督や選手だけのことではないし、願望だけでもない。」

「今はクラブ、選手、代理人が話し合っている。彼は素晴らしい活躍をしているから解決策を見つけてほしいね。リュディガーは非常に落ち着いていて、この問題に全く気を取られていない。こういったことは時間がかかることがあるし、こちらには新しい情報は来ていない。トニはチェルシーが非常に気に入っていると思うよ。」

「彼はプレーする度に称賛に値する活躍を見せている。サポーターからも愛されているし、ヨーロッパのトップクラブに在籍していて、世界最高峰のリーグでプレーしている。彼の状況については楽観視しているし、前述の通りクラブと選手の代理人が解決策を探すだろう。」

 

監督とファンからエネルギーを受け取るメンディ

先週のCL初戦、ゼニト・サンクトペテルブルク戦でクリーンシートを達成したエドゥアール・メンディは、ファンやトーマス・トゥヘルからのサポートが彼のパフォーマンスにとって重要な役割を果たしたと語った。

メンディは、5月のチャンピオンズリーグで優勝し、2020/21年のUEFA年間最優秀GK賞を獲得した。ブルーズでこれまでに出場した50試合のうち29試合でクリーンシートを達成している。

「去年はファンの前でプレーできなかったけど、今の状況はラッキーだよ。満員のスタジアムでプレーできるし、スタンフォードブリッジはいい雰囲気だからね」と語るメンディ。

「今年のプレミアリーグ、チャンピオンズリーグ、カップ戦では、この雰囲気が必要なんだ。監督は自分の哲学とエネルギーを持ってきて、すぐにその効果がチームのパフォーマンスに表れた。監督とスタッフ、そしてチームの間には、彼のやりたいこととそれに対応する選手が揃っているから、良いマッチングだったと思う。彼はたくさんのエネルギーをもたらしてくれる。とてもエネルギッシュな監督で、チームにはそれが必要だと思う。」

チェルシーからその他