マッチプレビュー

スタッツ:チェルシーvsアストンヴィラ

今夜国内カップ初戦に臨むブルーズ。ここではカギとなる試合前のスタッツや情報を紹介しよう。

 

チェルシーvsアストンヴィラ 直接対決

リーグカップでチェルシーとアストンヴィラが対戦するのは5回目で、直近では2006/07シーズンの4回戦で対戦している。

リーグカップでの対戦履歴

1964/65 準決勝第1戦 ヴィラパーク 3-2勝

               準決勝第2戦 スタンフォードブリッジ 1-1分

1989/99 第3ラウンド スタンフォードブリッジ 4-1勝

2003/04 準々決勝 ヴィラパーク 1-2負

2006/07 第4ラウンド スタンフォードブリッジ 4-0勝

スタンフォードブリッジで行われたチェルシーとアストンヴィラのリーグ戦とカップ戦の過去13回の対戦では、56ゴール(チェルシー42、ヴィラ14)が生まれている。

チェルシーとアストンヴィラは共にリーグカップを5回制覇している。これより多くの優勝回数を誇るのは、リヴァプールとマンチェスター・シティ(ともに8回)だけ。

ヴィラは1998年3月以来23試合ブリッジでクリーンシートを達成していない。

各チームの最多得点差勝利:

チェルシー 8-0 アストンヴィラ 2012/13

アストンヴィラ 7-1 チェルシー 1951/52

ヴィラのブリッジでの最多得点差勝利は1931/32の6-3。

 

チェルシーのスタッツ

ブルーズは11シーズン連続でリーグカップ4回戦進出を目指す。

3回戦の段階で最後に敗れたチームは2010/11のニューカッスルで、スタンフォードブリッジで4-3で敗れた。このときは、3分前にニコラス・アネルカが同点弾を決めた後、ショラ・アメオビがロスタイムに決勝点を挙げた。

今世紀に入ってから3回戦で敗退したのは、2005/06にホームでチャールトンとPK戦の末、そして2000/01にアンフィールドでリヴァプールに敗れたときだけである。

2014/15年の決勝でチェルシーがウェンブリーでトッテナムを破って以来、ブルーズは毎シーズン、プレミアリーグのクラブ相手に敗退している。

今シーズンの14ゴールは、11人の選手から生まれている。ルカク4、アロンソ1、チャロバー1、ハフェルツ1、ジェイムズ1、カンテ1、コヴァチッチ1、プリシッチ1、リュディガー1、チアゴ・シウバ1、ツィエク1

トーマス・トゥヘル監督のもと、チェルシーはリーグ・カップ戦合わせてでクリーンシートを達成した回数(24回)が、失点した回数(18回)を上回っている。

アストンヴィラのスタッツ

リーグカップにおけるアストンヴィラのベストシーズン:

優勝:1960/61, 1974/75, 1976/77, 1993/94, 1995/96

準優勝:1962/63, 1970/71, 2009/10, 2019/20

準決勝進出:1964/65, 1983/84, 1985/86, 1999/00, 2003/04, 2012/13

ヴィラは、2018年8月にバートンで敗れて以来、カラバオカップのアウェー戦では無敗となっている。それ以来、5勝1分けで、22ゴールを決めている。

ヴィラが同大会で最後にプレミアリーグ勢にアウェーで敗れたのは、2015年のサウサンプトンとの試合で、当時はケビン・マクドナルドが暫定監督を務めていた。

ディーン・スミス監督のチェルシーとの戦績:1勝5敗1分

チェルシーからその他