マッチレポート:チェルシー 0 マンチェスター・シティ 1

後半、ガブリエル・ジェズスがゴールによりチェルシーは今季初の敗北を喫し、スタンフォードブリッジでの試合は決着した。

後半開始早々、ブラジル人ストライカーにシュートでチェルシーは失点した。素早いターンでジョルジーニョを翻弄しエドゥアール・メンディの守るゴールをこじ開けた。

同点に追いつこうとしたものの、トーマス・トゥヘル率いるチームはシティのGKエデルソンを苦しめることができず、枠内にシュートを打つことなく試合を終えた。せっかくのチャンスも阻まれることが多く、フラストレーションの溜まる午後だった。

先発

トゥヘル監督は、先週末のトッテナム戦から4名を変更し、エドゥアール・メンディをゴールに戻し、ティモ・ヴェルナーをロメル・ルカクと並んで前線に起用した。

つまり、開始から3-5-2に戦術を変更し、マテオ・コヴァチッチとジョルジーニョに加えて、エンゴロ・カンテをセントラル・ミッドフィルダーとして中盤に入れた。一方、右サイドバックにリース・ジェイムズが起用され、キャプテンのセサル・アスピリクエタが3バックに入り、チアゴ・シウバはベンチに下がった。

また、シティも0-0の引き分けた直近のサウサンプトン戦から4名を変更し、ケヴィン・デ・ブルイネとフィル・フォーデンを復帰させた。

立ち上がりのピンチ

ロンドン南西部の灰色の空の下、夏の終わりにしては高い温度の中、試合は開始された。最初のチャンスはシティだった。

グアルディオラ監督は、様々な選手を起用する傾向があるため、フォーデンが前線で起用されたが、シティが最初に戦いを挑んだのはサイドであり、ジェイムズ、アスピリクエタ、トニ・リュディガーがタッチライン際で序盤から激しい攻防を強いられた。

メンディはボックス内でも圧倒的な存在感を示し、序盤のコーナーではエリアに入ってきた2つのコーナーを制した。

良い動きを見せたヴェルナー

ポルトでの勝利を祝う歌から、緊張感へとホームの観衆が切り替えるきっかけとなったのは、15分後のことだった。

ルカクはハーフウェイでの力強いキーププレーで反撃のきっかけを作り、マルコス・アロンソにボールを戻し、アロンソは左サイド内側に完璧なタイミングで走り込むヴェルナーを見つけた。

ヴェルナーのクロスは正確だったが、プレッシャーを受けたルカクは十分にボールにミートできず、ゴールを狙うことができなかった。

とはいえ、チェルシーが輝いた瞬間だった。そのすぐ後に今度はヴェルナーが、左サイドからのシュートを放ったがカイル・ウォーカーに当たった。

変化とチャンス

前回のチャンピオンズリーグ決勝での対戦と同様に、チェルシーのディフェンダーが負傷して早々に交代することになってしまった。今回はジェイムズが足首を捻挫してしまった。

5月に行われたこの試合では、チアゴ・シウバが退場したが、今日は、開始30分過ぎに彼が3バックの中央に入った。

ここから、試合の流れは落ち着き、シティが優位に立ったまま前半を終えたが、ハーフタイム前に、ロドリのシュートをリュディガーが頭でクリア、ジョルジーニョが自陣6ヤードボックス内で2度クリアした後、デ・ブルイネがクロスバーをわずかに越えるシュートを放つなど、危ない場面があった。

前半終了4分前には、シティに一番のチャンスがやってきた、ガブリエル・ジェズスが、肩でボールを受けてリュディガーをかわし、シュートを放ったがボールは北スタンドの前列に飛んでいった。

シティが突破口を開く

後半の素早い立ち上がりでついにシティがチェルシーゴールをこじ開けた。ジェズスのシュートは、ジョルジーニョに当たりゴールに吸い込まれた。このゴールは、今シーズンのリーグ戦初めてのオープンプレーからの失点となった。

そのプレーの前、ジャック・グリーリッシュがシュートを放ちコーナーを獲得、シティはショートコーナーから先制点を掴んだ。

ボールはボックスの端にいたロドリに渡り、ロドリが放ったシュートがジェズスの前にうまく落ち、ジェズスは振り向きざまにシュートを放った。

嵐の始まり

このゴールにより、スタンフォードブリッジはさらにヒートアップしたが、追加点を狙うグアルディオラのチームがより脅威的だった。グリーリッシュのシュート低いシュートが容赦無くメンディを襲った。

さらに、チアゴ・シルバがゴールライン上でボールをクリア、ジェズスの2点目を阻止した後、再び左サイドからの攻撃を受けた。

トゥヘルは、カンテに代えてカイ・ハフェルツを投入し、攻撃面でのサポートを強化したが、すぐに効果を発揮した。前方へのロングボールから背後に抜け出し、ルカクを誘い出して無防備なネットにボールを流し込んだが、オフサイドフラグが上がってしまい、チェルシーの歓喜は途絶えた。

終盤へ

後半25分、ブルーズは同点ゴールを目指して前進した。アロンソがフリーキックのチャンスを得たが、壁にブロックされた。一方、コヴァチッチは、ルカクがアイメリック・ラポルトを相手に強力なキープ力を発揮した後のチャンスでルベン・ディアスが見事なブロックに阻まれた。

その一方で、グリーリッシュとジェズスが危険なコンビネーションを見せていた。クリステンセンが多くの仕事を要求された。一方、ラポルテはフリーキックでゴールを狙ったが、これはオフサイドフラッグで助けられた。

中盤ではルベン・ロフタス=チークがエネルギーと前進力を加え、壮大な逆転劇が期待されたが、終盤に最も決定的なストップをかけたのはメンディで、ラインから飛び出してグリーリッシュの足元でセーブした。

この結果、チェルシーは今シーズン初の敗北を喫し、シティは1955年1月以来、ブリッジでのトップリーグの試合での連勝を果たした。

次の予定は?

ミッドウィークには、チャンピオンズリーグのユベントス戦が控えており、土曜日の午後3時にはプレミアリーグのサウサンプトン戦が予定されている。

チェルシー(3-5-2) メンディ;アスピリクエタ(c)、クリステンセン、リュディガー;ジェイムズ(チアゴ・シウバ29)、カンテ(ハフェルツ60)、ジョルジーニョ(ロフタス=チーク76)、コヴァチッチ、アロンソ;ルカク、ヴェルナー

サブ:アリサバラガ、チルウェル、チャロバー、サウール、ハドソン=オドイ、ツィエク

警告:アロンソ 77、クリステンセン 78、リュディガー 84

マンチェスター・シティ:エデルソン;ウォーカー、ディアス(c)、ラポルト、カンセロ;ロドリ、シルバ、デ・ブルイネ(マフレズ80);ジェズス、フォーデン(フェルナンジーニョ87)、グリーリッシュ(スターリング87)

サブ:ステフェン、アケ、ストーンズ、ラヴィア、パーマー、トーレス

得点:ジェズス 53

警告:ラポルト 65; ディアス 90+5

主審:マイケル・オリヴァー

観客数:40,036人

チェルシーからその他