十分なプレーができなかったシティ戦、選手起用とジェイムズの負傷について語るトゥヘル

トーマス・トゥヘル監督は、土曜日の午後にアウェーにも関わらずスタンフォードブリッジで輝きを放ったマンチェスター・シティを相手に、自分たちのチームがベストな状態ではなかったと認めた。

後半開始早々にガブリエル・ジェズスが放った一撃で、ペップ・グアルディオラ監督率いるシティが勝ち点3を獲得した。

試合後、枠内シュートが無かったことからもわかるようにチェルシーは試合に勝つために十分な攻撃をできなかったと監督は語った。

「試合に負けたが、シティの方が勝利に値したと言えるだろう。失点するまでの60分間、我々は最後の(守備の)20メートルのところで非常に強かったが、残念ながらそれだけだった。残りのピッチ80メートルでの我々は十分な動きができていなかった。」

「チェルシーは決して最高のレベルではなかった。これでは結果を出すことは期待できない。1本のヘディングシュートで逆転できたかもしれないが、自分たちのベストゲームではなかったことを受け入れなければならない。」

「相手を苦しめるため、自信を深めるためのボールポゼッションができなかった。前半も後半もそういう時間帯はなかった。失点までは、ボックス内をよく守っていましたが、パフォーマンスは複雑で十分ではなかった。」

「高いレベルではなかったし、この相手とのゲームを押し進めるには最高レベルのパフォーマンスが必要だ。」

トゥヘル監督は、いくつかの異なる選択をすることができたと明かした

「今日は少しフレッシュさに欠けていたと思う。カンテは数日前から体調を崩していたが、彼を先発させることにした。」

「ジョルジーニョも問題を抱えていたし、チアゴも先発できなかったので、今日はそういう意味でベストな選択をしなかった私に責任があるのかもしれない。3-5-2に決めたが、シティに対する構造の問題ではなく、判断と相手のスペースへの適応の問題だと思う。」

「共に勝ち、共に負けるが、正しい形だったかどうかは自分に問いかけるが、その形が結果に決定的な影響を与えたかどうかはわからない。」

このような状況の中で、ボスは、シティのプレッシャーから逃れるためのメンタリティを欠いていたことを認めた

「今日はプレッシャーから逃れるには十分ではありませんでした。私たちのボールポゼッションは、相手を痛めつけ、自信を持たせ、息抜きをするためにプレーを切り替えるという点で、シャープでなかった。十分にできなかった。」

「私たちのプレーを100%信じているとは思えなかった。疑心暗鬼になり、何かを守ろうとしていた。失うものがあるような気がして、エネルギーが不足していたが、そういうことも起こりうる。」

「失点の後は、勝つという信念を感じることができた。とにかく押して、観客を味方につけようとしたから、とてもオープンで感情的なゲームになった。」

トゥヘルは、攻撃の鈍さは、個人の問題ではなく、チームの問題であると考えていた

「今日のロメルの苦労は話さなくても明らかだろう。彼にたどり着いたとき、攻撃はすでに半分終わっていた。人数が足りず、単純にメンタリティとつながりがなかったからだ。個人の問題ではなく、チームの問題だった。」

最後に、負傷して離脱したDFのリース・ジェイムズについての最新情報があった

「今のところ、リースについてはわからない。彼は足首をひねってしまい、とても痛がっていた。現段階で他の情報はないが、数日後に様子を見る必要がある。」

チェルシーからその他