ニュース

トゥヘル:信じることの必要性、マウントの怪我とロフタス=チークの起用について

トーマス・トゥヘルは、ユヴェントスとのアウェー戦に向けて、マンチェスター・シティ戦よりもパフォーマンスを向上させなければならないことを明確にし、水曜日のチャンピオンズリーグ・グループリーグでの試合でのメイソン・マウントの出場の可能性についても言及した。

チャンピオンズリーグのビッグマッチに向けて、選手たちが自信を取り戻すことがまず最初の目標となるだろう。

「誰と対戦するかは気にせず、自分たちのやるべきことをする、そしてもっと良くならなければならない。相手のパフォーマンスを低下させることが大事だ。シティは高い位置でのプレスを仕掛け、チェルシーに自由にプレーさせなかった。ショートパスでプレッシャーから逃れるプレーができなかったし、ロングボールを出すときも自信を持てなかった。」

「前線にはロングボールを受けられるロメルがいるけど、信念と自信がなければ、また、相手を攻撃しようという気持ちがなければ簡単にはいかないし、土曜日の試合は実際にそういった点が問題だった。プレッシャーから逃れるのは大変だったが、ストライカーにボールを入れる際の判断を誤ってしまった。ストライカーにボールを渡しても、最初の判断を誤ってボールを失っていた。だから、どんどん自信を失っていく。単純に、それ以上のことができるようなパフォーマンスではなかったんだ。」

トゥヘルは、マンCとの試合にはすべての自省すべき点があったと言い、さらに次のように語る。

「このレベルでプレーするとき、常にパフォーマンスに注目し、結果は決して気にしない。非常にタフなゲームでは、ゲームのあらゆる部分で最高のプレーを見せる必要があるけど、チェルシーはそれができなかった。」

メイソン・マウントは、3日前に行われたアストンヴィラとのカップ戦で負傷したため、マン・シティ戦では出場できず、ユヴェントス戦でも出場が危ぶまれている。

「どうなるかわからない。これから様子を見ていこう。最終的には、彼が出場するかどうか決めるのは試合前の数時間になるだろう。」

一方でもう一人のイングランド人MFであるルベン・ロフタス=チークは、3試合連続で試合出場を果たした。

「ルベンには満足している。そうでなければ、彼に出番が回ってくることはなかっただろう。」

「ゼニト戦、アストンヴィラ戦、そして今回の15分間の出場。彼は、出場するにふさわしかった。」

チェルシーからその他