Japan

一週間のダイジェスト

アントニオ・リュディガーが敗戦に終わったマンC戦を振り返り、ケパがPK戦においてクラブ記録を更新するなどチェルシーの一週間を振り返る。

シーズン初の敗戦を振り返るリュディガー

マンチェスター・シティに敗れたチェルシーは、ベストには程遠い試合をしたことを認めるべきだと話すアントニオ・リュディガー。

後半序盤に失点によりシーズン初の敗戦となったブルーズ。これは今季ホームで初めてのオープンプレーからの失点となった。

「前半のパフォーマンスは説明する必要がないほどひどいものだった。試合全体を見てもいいプレーができなかった。個人よりもチームとしての努力が必要だ。良い選手は十分にいるし、誰もが替わってプレーできる。必要不可欠な選手はいないし、だから個人は大きな要因とはならないんだ。戦術面に問題があったというのは正しくない。ただ単にいつものような高いレベルのプレーができなかっただけで、そこを相手に突かれた。ただ悪い一日だったということだよ。」

 

ケパがPK戦でのクラブ記録を更新

カラバオカップ3回戦のアストンヴィラとの試合でPK戦を制したケパ・アリサバラガが、チェルシーの歴史にその名を刻んだ。

ケパはこれでPK戦で7回のセーブを記録し、チェルシーのGKとして最多記録を更新した。マーベラス・ナカンバが蹴ったPKをケパが弾き飛ばしたことで、ケパはペトル・チェフを抜いて歴代1位となった。

カラバオカップの4回戦に進んだブルーズは、10月26日(火)にホームでサウサンプトンと対戦する。

 

チェルシー・ウィメンがリーグ戦でマンUに大勝

チェルシー・ウィメンは、マンチェスター・ユナイテッドに6-1で快勝し、FA女子スーパーリーグでの連勝を達成した。

ユナイテッドは、シーズン最初の2試合に勝利して首位に立っていたが、リー・スポーツ・ビレッジで行われた試合で昨季王者のブルーズに一蹴された。

チェルシーは、サム・カーの2点、ペルニル・ハルダーー、ドリュー・スペンス、ジェシー・フレミングのゴールにより、今シーズン初のアウェーでの勝利を収めた。

チェルシーは、次節アウェーで昨シーズンのFAカップ準々決勝の相手であるバーミンガム・シティと、そして次の土曜日にはホームにブライトンを迎える。

 

チアゴ・シウバの将来について語るトゥヘル

トーマス・トゥヘルは、3年目となる来シーズンもチアゴ・シウバがチェルシーでプレーする可能性を示唆した。

「それは彼次第だ。今、この質問に答えることはできないけど、彼がこのようなレベルでパフォーマンスを続けてくれることを願っている。それがここに留まるために必要なことだ。それは、とても簡単で明確なことだ。我々はどの選手に対しても最高のパフォーマンスを求めているし、チェルシーでプレーするには成果を出す必要があり、彼はそれができている。彼がトッププロであることは当然のことであり、そうでなければ長年にわたってあのようなレベルでプレーすることは不可能で、年齢は関係ない。シーズンの終わりに問うべきことは、彼がチェルシーで必要とされるレベルに達しているかどうか、すべての大会ですべてを争うことができるかどうか、イエスかノーか、それだけなんだ。」

チェルシーからその他