マッチプレビュー

スタッツ:ブレントフォードvsチェルシー


ブレントフォードvsチェルシー 直接対決

チェルシーは、1939年2月にスタンフォードブリッジでビーズが3-1で勝利して以来、ブレントフォードとのリーグ・カップ戦合わせて過去6回の対戦で無敗である(5勝1引き分け)。

ブレントフォードがホームでブルーズに勝ったのは1938年10月のこと。

今回の試合は、1947年3月にチェルシーが2-0で勝利して以来のリーグ戦での対戦となる。アレックス・マッキンは、今週末の試合の27,244日前にビーズに対してリーグ戦でゴールを決めた最後のチェルシー選手となる。

チェルシーは、ブレントフォードと2013年2月と2017年1月のFAカップで過去2回対戦しており、いずれも4-0のスコアで勝利している。

各チームの最多得点差勝利:

ブレントフォード0-2チェルシー 1946/47 ディビジョン・ワン

チェルシー1-3ブレントフォード 1938/39 ディビジョン・ワン

ブレントフォードのホームでの対チェルシー最多得点差勝利は1935/36の2-1。

今回の試合は、17,250人収容のブレントフォード・コミュニティ・スタジアムで行われるが、これはチェルシーにとってこのスタジアムでの初試合であり、歴史上220番目の異なるグラウンド(スタンフォードブリッジを除く)となる。

ブレントフォードは、プレミアリーグで対戦する50番目のチームで、ロンドン勢としては10番目、新スタジアムは、リーグ戦における60番目の異なるグラウンドとなる。

チェルシーのスタッツ

チェルシーは、史上初となるアウェーでのロンドン・ダービー7連勝を目指す。

チェルシーは、昨シーズン最終節のアストンヴィラでの逆転負けが、トーマス・トゥヘル監督就任以来、プレミアリーグのアウェーでの唯一の敗北となっている。その他の11のアウェーゲームは、サウサンプトン、リーズ、リヴァプールでの3引き分けと、トッテナムで2回、シェフィールドU、リヴァプール、クリスタルパレス、ウェストハム、マンチェスター・シティ、アーセナルでの8勝。

チェルシーは、今シーズンのプレミアリーグで最もシュートの成功率が高い(15.3%)。

ティモ・ヴェルナーは、2020年11月以来となる、プレミアリーグ連続出場での得点を狙う。

ブルーズは、今シーズンのプレミアリーグ7試合で、すでに12人の異なる得点者を輩出しており、この数字は他のどのチームよりも多い(オウンゴールを除く)。

記録

ティモ・ヴェルナーは次にスタメンに選ばれると、先発50試合目となる。

マテオ・コヴァチッチはサウサンプトン戦でリーグ・カップ戦合わせて150試合出場を記録した。

ブレントフォードのスタッツ

ブレントフォードは、昨年5月にウェンブリーで行われたプレーオフ決勝で、スウォンジーを2-0で破り、74年ぶりにトップリーグへの昇格を果たした。

アーセナル戦は2-0で勝利、ブライトン戦は0-1で敗戦、リヴァプール戦は3-3で引き分けと、ホームでのプレミアリーグ3試合で勝ち点4を獲得しています。      

ビーズは、開幕からアウェー4試合で無敗を維持した5チームのうちの一つで、他のチームは、1992/93のブラックバーン、コヴェントリー、イプスウィッチ、2008/09のハル。

また、トーマス・フランク監督は、ロンドン・ダービーでクリスタル・パレスと引き分け、アーセナルとウェストハムに勝ったことで、プレミアリーグ史上初めて、初めてとなるロンドン・ダービーの3試合で無敗を維持したチームとなった。

ヨアネ・ウィサは、ブレントフォードでここ5試合全試合に出場して5ゴールを記録しており、今シーズンは平均して47分に1ゴールを決めている。

チェルシーからその他