分析

ブレントフォードで決定的な役割を果たしたメンディとチルウェルに大満足のトゥヘル

トーマス・トゥヘルは、ブレントフォードでの1-0の勝利に貢献したベン・チルウェルとエドゥアール・メンディのパフォーマンスの重要性を強調し、ロメル・ルカクとティモ・ヴェルナーのストライカーとしての調子についても言及した。

ブレントフォードで行われたウェストロンドンダービー、前半終了間際の、ベン・チルウェルの決勝点でトゥヘル率いるチームは1-0の勝利を収めした。

今シーズン、チルウェルは、出場機会を得るために我慢の時間もあったが、最近では失われた時間を取り戻しつつあり、前節のサウサンプトン戦とインターナショナルブレイク中のイングランド代表戦でもゴールを決め、クラブと国の両方で3試合連続のゴールとなった。

しかし、トゥヘルはチルウェルの最近の活躍に驚きはなく、自信を深めているチルウェルがチームに貢献するため十分な時間内に体力を回復したことを喜んでいる。

「非常に嬉しい。」とトゥヘルは語った。「我々は全員が必要だし、もちろん彼のような最高の状態の選手も必要だが、無理強いはできない。」

「正直、彼は疲労が溜まっていて、精神的にも少し疲れていると感じていた。だからこそ、サウサンプトン戦でチャンスをつかみ、それを生かして得点し、イングランド代表としてプレーすることができたことで、彼はまた大きな自信を得ることができたし、今日の彼もまた素晴らしかった。」

「彼が良い状態であることは目に見えているし、それは必要なことでもあり、彼がこの状態でいることが重要なのだ。多くの大会で多くの試合をこなさなければならないが、私は満足しているし、もちろん、この一連のゴールは彼に大きな自信を与えている。」

また、トゥヘルは、GKメンディの印象的なパフォーマンスを強調した。

「彼は試合全体を通して非常に良かった。最初の60~65分は何とか彼の出番を少なく抑えていたが、相手も強かった。」

「セットプレーが常に危険で、フリーキックやコーナー、フリーキックをたくさん入れてくるから、常に脅威となっていた。メンディは、ビルドアッププレーにも集中していて、とても良いパフォーマンスだった。」

「もちろん、最後の20分はカップ戦のようになってしまった。相手はリスクを冒して体当たりしてきたが、私たちは相手のシュートやビッグチャンスを抑えることが出来なかった、無失点を達成できたことが今日の試合を決めた。」

また、後半にリードを保っていた時にロメル・ルカクを外したのは、ストライカーのパフォーマンスとは関係ないと主張した。

「彼が少し疲れているのを感じたんだ。正直なところ、今日はロメルとティモを含めて、65分、70分間、良いパフォーマンスだった。」

「心配はしていない。彼が少し疲れているように感じたし、ブロックとして一緒に深く守りすぎて孤立してしまい、ティモとロメルの2人が少し離れすぎていたから、プレッシャーから逃れることができなかった。そのため、今日は少し問題があったが、心配はしていない。」

「通常は、彼が得点することが一番だが、今の彼は非常に無欲で、良い場面でティモを探しているし、そんな中で、惜しいオフサイドの判定もあった。だから心配する必要はない。」

チェルシーからその他