分析

データから見るブレントフォード戦:サールとロフタス=チークの活躍

土曜日のブレントフォード戦での勝利をデータ分析すると、序盤と終盤のコントラストが浮き彫りになり、これまでレギュラーではなかった選手たちの価値が証明された。


3つの局面に分かれた試合

チェルシーは1点のリードを守るために特に終盤必死に守ることになったが、データから見ると、このプレミアリーグ・ダービーでは、開始から70分間は比較的快適にプレーしていた。

この時点までのポゼッション率は62%で、パスの本数も相手より200本以上多かった。ベン・チルウェルのゴールは、チェルシーが記録した5本のシュートうちの1つだった。一方、ブレントフォードはわずか2本のシュートしか打てなかった。

しかし、最後の20分で状況は一変した。ブレントフォードは15本のシュートを放ち、そのうち7本が枠を捉え、さらにブライアン・ムベウモの2本目のシュートがポストに当たった。

ブレントフォードのポゼッションは60%まで上り、ブルーズは後半25分で28回のクリアを強いられた。

しかし、エドゥアール・メンディの勇敢なプレーと、チーム全体が最後の最後まで守り抜いたことで、勝利を手にすることができたのである。

堅牢なサール

プレミアリーグデビューを果たしたマラング・サールは、クリアとインターセプトで試合最多の数字を記録し、タックル数3回はチルウェル(4回)とトレヴォ・チャロバー(5回)に次ぐ記録だった。

ブレントフォードの攻撃のうち7回はセットプレーからで、パスの8回に1回はロングボールだったため、相手が素早くボールを前線にフィードすると、チェルシーのディフェンスは苦戦を強いられた。52回の空中戦のうち、ブレントフォードが3分の2を制した。イヴァン・トニーが制した11回の空中戦は、ブルーズの5人のディフェンス陣を合わせた数と同じだった。

ルベンのダイナミズム

ルベン・ロフタス=チークは、2019年5月以来、チェルシーのユニフォームを着て初めてプレミアリーグフル出場を果たしたが、深い位置から相手の中盤を抜いてボールを運ぶ能力は、ブレントフォード・コミュニティ・スタジアムで確実に発揮された。4回成功したドリブルは、試合最多の数字だった。

パス成功率は90%、ポゼッション率は6.8%、タックル成功数は3回と、ロフタス=チークにとっては、非常に充実した試合となった。

チリーの3試合連続ゴール

ベン・チルウェルの3試合での3ゴールが話題になっているが、昨日のゴールは、昨シーズンの最終日から数えて、過去3回のリーグ戦出場での3ゴール目でもある。

様々な意見がある中、もしこのウイングバックをディフェンダーとして分類するならば、ブルーズの守備陣としてこの記録はプレミアリーグ史上初の快挙である。

チェルシーからその他