ヒストリー

ラトビアからスウェーデンまで - チェルシーのチャンピオンズリーグの対戦相手

今夜チェルシーが対戦するマルメは、チャンピオンズリーグにおいて25カ国の異なるリーグからの60番目の対戦相手となる。

ブルーズは2年前のヨーロッパリーグでマルメを破ったが、チャンピオンズリーグで対戦するのは1999年のデビュー以来初めてのことだ。

ラトビアのスコント・リーガは、その年の大会で最初に対戦したチームで、予選ラウンド3回戦で3-0で勝利した。

ラトビアは、対戦相手が1チームしかいない11カ国のうちの1つです。スロバキア(ジリナ)、チェコ(スパルタ・プラハ)、ブルガリア(レフスキ・ソフィア)、ギリシャ(オリンピアコス)、キプロス(APOEL)、デンマーク(コペンハーゲン)、スイス(バーゼル)、スロベニア(マリボル)、イスラエル(マッカビ・テルアビブ)、アゼルバイジャン(カラバフ)が含まれる。

一方、イタリアのセリエA、ドイツのブンデスリーガ、フランスのリーグ・アン、スペインのリーガ・エスパニョーラ勢とは、過去22年間でそれぞれ6チームと対戦している。

また、チャンピオンズリーグの舞台では、プレミアリーグのライバルである4チームと対戦しており、決勝戦ではマンチェスター・ユナイテッド(2008年)とマンチェスター・シティ(2021年)との2回の対戦がある。

今シーズンのグループステージに参加している国のうち、チャンピオンズリーグでまだ訪れていないのは、モルドバ(シェリフ・ティラスポリ)とオーストリア(ザルツブルク)だけとなる。

チェルシーからその他