分析

トゥヘル:ノリッチ戦の大量得点とマウントのチェルシー初ハットトリックにコメント

トーマス・トゥヘルは、スタンフォードブリッジでノリッチ・シティを7-0で撃破した後、チーム全体のパフォーマンスに満足していたが、特に新たなフロント3人とウイングバックが見せた攻撃意欲に満足げだった。

当然のことながら、エドゥアール・メンディの出番がほとんどなく、ノリッチ相手に7ゴールを決めたチームの成果に、監督は満足していた。

しかし、ゴール以上に、トゥヘルを最も喜ばせたのは、試合に対する姿勢と全体的なアプローチだった。

「青いシャツを着たら、その日、そして最初から最高のレベルで自分たちのやるべきことをやりたいと思う」と語った。「私はこのパフォーマンスにとても満足しているし、このゲームに注いだ集中力と努力にもとても満足している。」

「4試合連続で勝者候補に挙げられていたが、このような試合への取り組み方が気に入っている。判断することもなく、我慢することもない。私たちはただ全力でプレーし、それが出来て嬉しい。」

「ウイングバックがボックス内まで攻め込んだことで、私たちには自由があり、ボックスやボックス周辺のスペースを攻め込んでゴールを決める精神が根付いてきたことにとても満足している。攻撃の最後に人数を持ってくることが重要で、そうすればより簡単になる。」

「しかし、あまり浮かれたくはないし、私はこのような試合への取り組み方が好きだ。謙虚な姿勢で、自分の基準を定め、自分を追い込み、すべての試合に全力で臨み、試合前の前評判に気を取られないようにしている。」

「これは重要なことで、この調子で続けていかなければならない。ちょっとした運があって、より多くのチャンスを作ることができれば、少しずつ自信が持てるようになる。私たちは4つ、あるいは7つのゴールを決めることができるので、それは良いことだが、力関係が異なる試合もあるだろうし、それにも備えなければならない。」

トゥヘルは、メイソン・マウントがチェルシーで初のハットトリックを達成したことを喜んだ。

「メイソンがハットトリックを達成したことは、彼にとって大きな意味がある。彼はとても誇りに思っていて、自分に大きなプレッシャーをかけていたんだ。」

「ここ数試合、彼は少し軽やかになり、少し自由にプレーできるようになったと感じているが、これは今チーム全体が必要としていることでもある。」

「彼は非常に競争心が強く、自分の到達したい目標に対して非常に真剣だ。アカデミー出身選手がハットトリックを達成したことにも、意味があるね。」

「私たちはほとんどの試合を3人のストライカーで戦うが、メイソンはそのうちの1人だ。メイソンは8番と10番の間で、典型的なストライカーではないが、重要な役割を担う彼に大きく依存している。」

「メイソンを信頼しているし、頼っているがそれでいいんだ。なぜなら、我々は彼のスタイルが好きで、彼の出身地が好きで、彼の個性が好きだから。一流のプレーヤーであり、一人前の男として今日の活躍が嬉しいよ。」

最近のカラム・ハドソン=オドイのパフォーマンスに感銘を受けているが、もっと安定したパフォーマンスを見たいとも思っているよいうだ。

「彼はマルメ戦でも良いプレーをしたし、今日も良かった。今はまだ改善すべき点、努力すべき点がある。」

「彼は、このようなパフォーマンスをコンスタントに出せることを示す必要があり、それを示すのが今だ。次のチャンスは火曜日だね。」

チェルシーからその他