インタビュー

トゥヘル:チームの修正力を称賛し、新たな負傷者3人についての最新情報

昨日のカラバオカップ、トーマス・トゥヘルはパフォーマンスと結果に満足していたが、昨日、3人の選手が新たに負傷したことを報告した。

1-1で引き分け、PK戦の末に勝利したサウサンプトン戦は、アストン・ヴィラとの3回戦と同様に、試合前に混乱が生じたため、予定とは違ったメンバーで臨まなければならなかったことをトゥヘルは認めた。しかし、プレミアリーグの強豪を前にして、選手たちがその不慣れな環境に対応したことを評価している。

「難しいことは予想していた、昨日のトレーニングで、先発候補の3人が怪我をしてしまったことから土壇場でいくつかの変更を行った。想定外の事態で、温存したい選手も多かったことから、ベンチからの選択肢はそれほど多くなかった。」

「今回のセレクションで初めて一緒にプレーすることになり、プレッシャーをかけてくるチームを相手に厳しい戦いになることはわかっていた。」

「両チームとも良いサッカーをしていたし、本当にタフな試合だった、最終的にはPK戦で勝ててよかった。」

「サウサンプトンと対戦するときは、何が起こるかわかっている。激しさ、ハイプレス、勇気とスピードに満ちたチームだ。

それが彼らのアイデンティティ。厳しい状況を受け入れなければならないし、課題は常に存在する。だからこそ、私はこのパフォーマンスと結果に満足している。」

トゥヘル監督は、直前になって招集できなかった負傷者として、セサル・アスピリクエタ、ルベン・ロフタス=チーク、アンドレアス・クリステンセンを挙げた。

「アスピが週末に戻ってくることを願っている。彼は昨日のトレーニングで、転んで肩を痛めてしまったんだ。かなり痛そうだったが、アスピだ、タフな男だから大丈夫だろう。」

「ルベンはトレーニング後、股関節に痛みを感じていた。土曜日に向けて対処できることを願っている。」

「アンドレアスは歯の手術から回復する必要があったが、合併症がなければ木曜日にはトレーニングに戻れるはずだ。」

ケパは、チェルシーでの8回目となるPKでもストップし、今シーズン3度目のPK戦での勝利に貢献した。

「彼は自信を持っているし、経験がある。彼の功績は大きい。PKは特別な時間で、私たちは再び集中して落ち着いていた。ケパの存在が大きかった。」

 

また、トゥヘルは、今シーズン獲得できるトロフィーのランキングの中で、カラバオカップの重要性を問われた。

「どの大会も重要だ。それらに優劣をつけたくない。試合に向けて準備し、シャツを着るときは、すべてをかけてプレーする。それが、このクラブと選手たちの全てだ。チャンスを得た選手たちはそれをしっかり活かしてくれた。」

チェルシーからその他