スタッツ:マルメvsチェルシー

CLグループステージ第4節、ブルーズは今夜スウェーデンでマルメと対戦する。試合前に主なデータを振り返ってみよう。

マルメvsチェルシー 直接対決

チェルシーとマルメの対戦は、欧州大会では2シーズン目となる。過去には、2018/19シーズンにヨーロッパリーグのラウンド32で対戦した。      

ブルーズはマルメとの3試合で、合計9-1で勝利している。

マルメのCLにおけるホーム最多得点差勝利:
2014年10月1日 マルメ 2-0 オリンピアコス(グループステージ)

チェルシーのCLにおけるアウェー最多得点差勝利:
1999年10月20日 ガラタサライ 0-5 チェルシー(グループステージ)
2014年11月25日 シャルケ 0-5 チェルシー(グループステージ)

チェルシーのスタッツ

チェルシーは、ロベルト・ディ・マッテオ監督が率いていた2012年11月にグループステージでシャフタール・ドネツクとユヴェントスに敗れて以来となる、チャンピオンズリーグのアウェーゲームでの連敗を避けたいところ。

グループステージ第3節のマルメ戦での勝利は、欧州での279試合で150回目となった。

次のゴールは、チェルシーが欧州の公式戦で記録した500本目のゴールになる。

2003年にアブラモヴィッチ氏がクラブを買収して以来、チェルシーは2000ゴール達成まであと2となっている。

トーマス・トゥヘル監督は、9月29日のユヴェントス戦での敗北以来、7連勝(サウサンプトン戦のPK戦を含む)を目指す。

今シーズンの34ゴールは、17人の選手と1人のオウンゴールによるもの。1シーズンでのクラブ記録は、2015/16に達成した20ゴール(オウンゴールを除く)。セサル・アスピリクエタ、ロス・バークリー、ルベン・ロフタス=チーク、マラング・サル、サウールは、今シーズンまだゴールを決めていない。

チェルシーは、昨シーズンの開幕以来、チャンピオンズリーグで最も多くのクリーンシートを達成しており(11回)、この期間中のチャンピオンズリーグ16試合でわずか5失点しかしていない。

チェルシーは、スウェーデンのチームとの7回の対戦で無敗を保っている(4勝3引分け)。ただし、1971年のカップウィナーズカップでは、アウェーゴールによりオートヴィーダベリに敗れている。

第2節のユーヴェ戦の敗北は、チャンピオンズリーグの過去22試合(13勝5敗)の中でチェルシーにとって4度目の敗戦だった。

トーマス・トゥヘルは、チェルシー監督就任以来これがCL10試合目となる。ここまで10試合の失点数は3で、ACミランのファビオ・カペッロ、レアル・マドリードのジョゼ・モウリーニョと並んで、監督就任後の10試合の中では最も少ない数字となっている。  

記録

エンゴロ・カンテは週末のニューカッスル戦でチェルシーでのリーグ・カップ戦合わせて200試合スタメン出場、そしてプレミアリーグ200試合出場を達成した。(レスター時代を含める)

マルメのスタッツ

マルメは、2020年に過去8シーズンで5回目のアルスヴェンスカン(国内)リーグ優勝を果たし、1989年以来のリーグとカップのダブルタイトルを惜しくも逃した。スウェーデンのシーズンは4月から12月まで。

マルメは7月7日にチャンピオンズリーグのキャンペーンを開始した。ヨン・ダール・トマソン監督は、最初の3つの予選ラウンドでリガ、HJKヘルシンキ、レンジャーズを破り、プレーオフでルドゴレツを破った。

マルメがチャンピオンズリーグのグループステージに進出したのは、2014/15と2015/16の2回で、いずれも4位となった。        

マルメはチャンピオンズリーグのグループリーグで過去6試合、合計0-28のスコアで負けている。

マルメがヨーロッパカップでイングランドのチームと対戦したのは、1979年の決勝戦のみで、ミュンヘンでノッティンガム・フォレストに1-0で敗れている。

マルメは、欧州大会でイギリスのクラブと対戦した過去8試合のうち、過去4試合を含む7試合に敗れている。唯一の勝利は、1995/96のUEFAカップ1回戦でノッティンガム・フォレストにホームで勝利(2-1)したもの。

ヨン・ダール・トマソン監督は、1997年にニューカッスルで、1999/2000にフェイエノールトでブルーズと2度対戦し、いずれも敗れているが、今シーズンまでチェルシーを相手に指揮を執ったことはない。

チェルシーからその他